ホーム > 取り組み > 原料生薬ができるまで
トレーサビリティ

ソヨウ・紫蘇・紫蘇葉

Perilla Herb

PERILLAE HERBA


 1.基本情報

栽培地:河北省

概況: 温帯大陸性モンスーン気候で夏と冬が長い。
夏は高温で雨期は7月~8月に集中し、
冬は寒冷でほとんど降雪もない。
春は風砂が多いが、秋は涼しく快適である。
東南(沿海部)から西北(山岳地帯)に向かって
高くなっており、山地と高原が省の面積の約57%を占めている。
栽培地:河北省

畑へと続く真っ直ぐな農道 畑へと続く真っ直ぐな農道


栽培工程概略

栽培工程概略
 2.基源植物

 基源:シソ Perilla frutescens Britton var. acuta Kudoの葉及び枝先

 
 3.播種

種子の様子種子の様子播種の様子播種の様子 一定の間隔で播く

 4.育苗

育苗発芽後の様子 播種後、およそ1ヶ月で発芽する

 5.移植

移植移植後の様子

 6.育成
移植から2ヶ月後(7月)
除草前
中国特有の人海戦術:なるべく農薬をつかわないようにする 中国では珍しくなく、働き手も女性が多い 除草後
除草前 中国特有の人海戦術 除草後
追肥 生育状況に応じて追肥
育成 育成 追肥

虫害虫害 収穫の1ヶ月前は農薬の使用を禁止


 7.収穫

移植から3ヶ月後(8月)
株高:1m以上 収穫:人の手で刈り取る
株高:1m以上 収穫:人の手で刈り取る

収穫した紫蘇の地上部収穫した紫蘇の地上部 土砂が付着しないようビニールシート上に置く(衛生面に配慮した取り扱い)


 8.加工調製
脱葉作業 天日乾燥 仕上げ作業:時々攪拌する
脱葉作業 天日乾燥 仕上げ作業:時々攪拌する
 
選別作業:変色した葉や異物を除去する変色した葉 除去した異物
選別作業:変色した葉や異物を除去する 変色した葉 除去した異物

プレス包装プレス包装


 9.的確な確認・試験検査 と 安全・安定・安心の確保

 試験検査の実施例

残留農薬試験:試験結果 TLC試験:成分パターン分析 HPLC試験:定量試験
狙いを定めた的確な残留農薬試験 日本種と中国種との比較 紫蘇特有のかおりであるペリラアルデヒドの定量

原料販売

 ・漢方薬 ・機能性食品素材
 ・香辛料 ・試験研究用素材

天産物の受託栽培

お問い合わせ(担当:購買課)
e-mail:trade@uchidawakanyaku.co.jp
TEL:03-3803-9655 FAX:03-3806-1273
(平日9時から17時30分。土曜・日曜・祝日休み)