ホーム > 漢方・生薬について > 歳時記 > 歳時記(2004年) > 「柚子が色づくと・・・」

歳時記


「柚子が色づくと・・・」
 
 柚子が橙に色づくと、各地方で年に一度の「柚餅子づくり」が始まります。
柚餅子は竹べらで中身をくりぬいたユズに、もち米を粉にしたもち粉、しょう
ゆ、砂糖やお店によって異なる秘伝の調味料を加えて中に詰め、丸ごと蒸
して自然に乾燥させることを繰り返します。添加物を一切使わずに4ヶ月ほ
どかけて一つ一つ丹念に仕上げた柚餅子には、芳醇な香りが・・・ぷーん。
柚餅子の歴史は、はるか源平のころにまで遡り、冬を迎えるための保存食
として、また武士の携帯食であったともいわれます。
 
 そして、21日の冬至の日にはユズの実をお風呂に入れて柚子湯が焚か
れます。「冬至に柚子湯」とは、湯治で身体に融通が利きますようにと願った
ことに由来します。ユズの香りの元である精油が、新陳代謝を活発にし、血行
促進に作用し、疲労回復し、神経痛や冷え性、リュウマチを改善します。
 
 日に日に寒さが増している今日この頃、今晩からでも「柚子湯」を試してみる
価値はありそうです。
 
 また、ミカン類の皮に由来する生薬には、橘皮(陳皮、青皮)、仏手柑、橙皮
などがあります。これらは芳香性を有し、健胃、駆風に働き、行気薬として重要
な身近な生薬です。