MENU

会社案内

  • ご挨拶
  • 会社概要・沿革・事業所
  • 品質への取り組み
  • コンプライアンス

昭和22年創業の和漢薬種問屋

当社は昭和22年東京都中央区日本橋において和漢薬種問屋「内田商店」を創業いたしました。 以来、漢方薬を主力とした医薬品産業、健康食品産業の一員として、病にある人々の健康回復を心から願うと共に、 未病の薬として、健康維持・増進のお手伝いをする事により社会に貢献する事を企業理念としてまいりました。

経営理念

  • 1. 数百種類におよぶ高品質な生薬と漢方薬を市場へ供給してゆくこと。
  • 2. 漢方医学ならびに薬学の正しい姿の社会への普及、浸透をはかること。

漢方薬業界は高齢化社会が深まる中でますますその需要は増大してゆくものと思われます。

大きな時代の流れにおける変革の中で、東洋医学治療に携わっている皆様に、 安心して生薬・丸散剤をはじめとする漢方製剤を供給することを全社を挙げて取り組んでまいります。

 
代表取締役 吉川英樹

会社概要

創業 昭和22年9月
設立 昭和27年7月
資本金 1億円
代表者 代表取締役 吉川英樹
社員数 138名(平成31年2月現在)
事業内容 医薬品(漢方、生薬製剤等)、医薬部外品等の輸入・輸出並びに製造及び販売
事業所 詳細へ
取引銀行 りそな銀行
八十二銀行
三菱東京UFJ銀行
企業研修会 ウチダ和漢薬同好会
ウチダ漢方研究会
中医学講座
所属団体 日本漢方生薬製剤協会
東京薬事協会
新潟県薬事工業会
日本漢方協会
医療用医薬品製造販売業公正取引協議会(公取協)
関連企業 詳細へ

沿革

1947年 9月 創業者内田庄治により和漢薬種問屋内田商店を創立。
1951年 6月 和漢薬の正しい普及と業界の発展のため、月刊誌「和漢薬」を創刊。
1952年 7月 資本金30万円にて株式会社内田商店に組織を変更。
1968年12月 大潟出張所に医薬品製造業の許可を得て、大潟工場とし、各種漢方製剤の製造を開始。
1973年 1月 商号を株式会社ウチダ和漢薬に変更。
1973年12月 吉川工場を開設。隣接地に薬用植物栽培圃場を設ける。
2009年 5月 牛黄カプセル(ごおうカプセル)」 を発売。
2014年 2月 大潟第二工場の名称を新潟工場に変更。
2014年 9月 原末・牛車腎気丸(げんまつ・ごしゃじんきがん)」 を発売。
2015年 4月 牛黄カプセル・極(ごおうカプセル・きわみ)」 を発売。

事業所のご案内

事業所名 郵便番号 住所 電話
本社事務所 116-8571 東京都荒川区東日暮里4-3-3 (地図 03-3803-9656
大潟工場 949-3103 新潟県上越市大潟区潟町750-4
新潟工場 949-3117 新潟県上越市大潟区蜘ケ池1755-3 025-534-2132
上越物流管理センター 949-3117 新潟県上越市大潟区蜘ケ池1755-3 025-535-5530
山口配送センター 754-0002 山口県山口市小郡下郷1239-4
吉川工場 949-3437 新潟県上越市吉川区梶1484-2 025-548-3150

本社地図

大きな地図で見る
企業名 郵便番号 住所
株式会社ユーシーデー商事 116-0014 東京都荒川区東日暮里5-11-13

ウチダ和漢薬の安全・安定・安心への取り組み

天産物である生薬の安全を、生産者の方々と協力しながらトレーサビリティと工程管理、そして栽培化を行うことで確保し、安心して使っていただける生薬を安定供給します。

安全性の確保

精密測定機器を使い、残留農薬、重金属、ヒ素などを測定し、生薬の安全性を高めています。

安定した品質の生薬

生薬の生産地を調査、厳選し、また栽培・採取・加工・在庫などの状況を確認して安定性を確保しています。

安心をお届け

安全且つ安定した製品を供給し、お客様に安心をお届け致します。

品質と安全性の確保への取り組み

コンプライアンスに係わる方針

ウチダ和漢薬は当社の経営理念及び信条に則り、今後も生薬の安全性を高め安定した品質の生薬によりお客様に安心をお届けすることに尽力致します。そのためには、当社及び関係会社のすべての役員・社員ひとりひとりが製薬企業としての社会的責任を認識し、高い倫理観を持って行動する必要があると考え、日本漢方生薬製剤協会で定める「日漢協企業行動憲章」に基づき当社の『コンプライアンス行動基準』を策定致しました。ウチダ和漢薬及び関係会社のすべての役員・社員がこの精神に基づき、国内外を問わず人権を尊重し、全ての法令・行動規範及びその精神を遵守することを誓い、国民の健康に貢献することを目指して参ります。

ウチダ和漢薬のコンプライアンス行動基準

良き企業市民として

  1. 地球環境の保護・保全に努め、自然と共生するための活動を主体的に行います。
  2. 資源の効率的な利用やリサイクルを進め、「循環型社会」に協力します。
  3. 反社会的勢力及び団体との関係遮断を徹底します。
  4. 地域社会と協調し企業活動に努め、社会貢献活動を行い社会全体と協調します。
  5. 各国・地域の法律遵守および人権を含む各種の国際規範を尊重します。

お取引先・お客様へ

  1. 公正で自由な競争を通じ適正な取引と流通を行ないます。
  2. 医療関係者をはじめ、政治、行政との健全かつ正常な関係を維持します。
  3. 原料生薬の品質及び安定確保の推進を図り、より高品質な漢方製剤・生薬製剤および生薬を安定的に供給し、お客様の健康に貢献します。
  4. 個人情報・顧客情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底します。
  5. 漢方製剤・生薬製剤および生薬の製造販売後の品質・安全性・有効性に関する情報の収集・分析評価とその伝達を迅速かつ的確に行ないます。
  6. 企業情報を適時適切かつ公正に開示します。

従業員へ

  1. 従業員の多様性・人格・個性を尊重し、差別及びセクシュアルハラスメント・パワーハラスメント等の行為は一切行ないません。
  2. 労働関係法令を遵守し、働きやすい職場環境の整備に努めます。
  3. 従業員の倫理観の高揚と資質の向上を図ることを企業の責務とします。

株主・投資家へ

  1. 株主、投資家等の皆様に対して、当社の経営方針や当社の財務内容、事業活動状況等を適正に開示し、企業活動に対する理解と透明性の高い企業としての信頼を得るように努めます。
  2. 当社や関係会社または取引先における公表されていない情報を利用した株式等の取引は行ないません。

会社・会社財産について

  1. 会社の有する知的財産権は、重要な会社資産であるという認識にたち、これらの有効活用とその権利の保全に努めます。
  2. 自己または第三者の利益の為に、会社の利益またはお客様の利益が損なわれることがない様に行動します。
  3. 関係法令や社内規定等に従って、適正な会計・税務処理を行い、有効な内部牽制の構築に努めます。
  4. 社内規定や方針等を理解し、厳正かつ公正・誠実な業務遂行を心掛け、責任を持って行動します。
  5. 事業活動を通じで得られた秘密情報はその重要性を理解し厳重かつ適正に管理します。

経営者について

  1. 経営者は本憲章の精神の実現を目指し率先垂範の上、自社及びグループ企業にその徹底を図るとともに、取引先にも促します。
  2. 社内外の声を常時把握し、実効ある社内体制を確立します。
  3. 本憲章に反するような事態が発生した際には、経営者自らが問題解決にあたり、原因究明・再発防止に努めます。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行ないます。

企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針

ウチダ和漢薬及び関係会社の事業活動が倫理的で適法かつ誠実に行なわれていることを理解して頂く為には、当社と医療機関等との関係について透明性を確保する必要があると考えております。

日本漢方生薬製剤協会の「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」の発表を受け、当社においても以下の通り医療機関等との関係の透明性に関する指針を定めました。

  1. 目的

    漢方製剤・生薬製剤および生薬の研究・開発、製造販売後の有効性・安全性の確認、安定供 給、品質の確保、適正使用情報の提供等を継続して行なうことにより、東洋医学治療の発 展に寄与していること及びそれらの事業活動が高い倫理観のもと行なわれること等につい て、広く理解を得ることを目的としています。

  2. 公開方法及び時期

    ウチダ和漢薬ホームページを通じ、対象となる事業年度(1月から12月)における公開対 象の資金の提供について、決算確定後に公開します。

  3. 公開対象

    1. 研究費開発費等

      研究費開発費等には、GCP省令などの公的規制のもとで実施されている臨床試験および製 造販売後臨床試験が含まれ、また、GPSP省令、GVP省令などの公的規制のもと実施され る副作用・感染症症例報告、製造販売後調査等の費用が含まれます。

      ・共同研究費 年間の総額
      ・委託研究費 年間の総額
      ・臨床試験費 年間の総額
      ・製造販売後臨床試験費 年間の総額
      ・副作用・感染症症例報告費 年間の総額
      ・製造販売後調査費 年間の総額
    2. 学術研究助成費

      学術研究の振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、および学会等 の会合開催費用の支援としての学会寄附金、学会共催費用。

      ・奨学寄附金 ○○大学○○教室:○○件○○円
      ・一般寄附金 ○○大学(○○財団):○○件○○円
      ・学会寄附金 第○回○○学会(○○地方会・○○研究会):○○円
      ・学会共催費 第○回○○学会○○セミナー:○○円
    3. 原稿執筆料等

      当社の医薬品に関する科学的な情報等を提供するための講演や原稿執筆、コンサルティング業務の依頼に対する費用等。

      ・講師謝金 ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円
      ・原稿執筆料・監修料 ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円
      ・コンサルティング等業務委託費 ○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円
    4. 情報提供関連費

      医療関係者に対する当社の医薬品の科学的な情報提供に必要な講演会、説明会等の費用。

      ・講演会費 年間の件数・総額
      ・説明会費 年間の件数・総額
      ・医学・薬学関連文献等提供費 年間の総額
    5. その他の費用

      社会的儀礼としての接遇等の費用。

      ・接遇等費用 年間の総額

  4. ► 医療機関等への資金提供等に関する情報