ホーム > 漢方・生薬について > 歳時記 > 歳時記(2008年) > ほうずき市

歳時記


ほうずき市
 
 道路沿いのネムノキのピンク色がとても可愛く、咲き始めました。
 
東京浅草のほうずき市(江戸中期が始まりで、7月9日・10日の両日に浅草寺にお詣りすると、4万6000日お参りしたのと同じ御利益があるとされ、雷除けのお札も出されます。また約200のほうずき屋と350の露店が並び、活気あふれる売り声が飛び交い、終日にぎわいを見せる市でした)も終わり、・・・・・・・・・・・でも今年の朝顔市はまだ終わっていません。
というのも、江戸では、朝顔市が終わってほうずき市という流れがあったのですが、今年だけは北海道で開催された洞爺湖サミットの警戒のため、今回は7月18日(金)から7月20日(日)開催となっています(例年は曜日にかかわらず7/6〜7/8の開催)。
 
あさがおまつりあさがおまつり
 
 入谷の「あさがおまつり」と言えば、笹の雪(豆富料理)の豆腐が有名です。根岸にあって、その昔は江戸の風流な人々が集いあったようです。祭り当日は朝早くから店は開いており、店を代表するあんかけ豆腐を食して帰られる方が多かったようです。
 
 今でも朝から多くの方が、店の前に置かれた縁台で順番を待たれています。朝顔市のあとは、足を延ばして、今年開業した隣駅の日暮里舎人ライナーで荒川に架かる尾久橋を渡り舎人までの散策を楽しまれてはいかがでしょうか。 
 
 
あさがおまつりあさがおまつり
 


(掲載日:平成20年07月11日)