ホーム > 漢方・生薬について > ウチダ印の生薬 > 主要生薬の概説

ウチダ印の生薬・主要生薬の概説


黄芩


生薬の一般的説明

コガネバナScutellaria baicalensis Georgi (Labiatae) の周皮を除いた根


「ウチダ」の生薬


尖黄芩・刻 中国内蒙古自治区や河北省などで自生(野生)しているコガネバナScutellaria baicalensis Georgi (Labiatae) の周皮を除いた根で、「尖芩」と称す根の先端・円柱状の部分、もしくは全形を刻みとしたもの。


選品のポイント
根が太くアンコ(腐朽部)が少なく、黄色で味が濃く苦味があるもの(尖黄芩)



 中国内蒙古自治区や河北省などで自生(野生)しているコガネバナScutellaria baicalensis Georgi (Labiatae) の周皮を除いた根で、「片芩」と称す根の根元・不定形の部分を、刻みとしたもの。


選品のポイント
根はアンコ(腐朽部)を除いて充実したもので黄色味が濃く苦味があり、成分(バイカリン)の高すぎないもの(片黄芩)



栽培・刻 主に中国河北省で栽培しているコガネバナScutellaria baicalensis Georgi (Labiatae) の周皮を除いた根を、刻みとしたもの。本品は1年以上栽培したものを用いている。


選品のポイント
根はアンコがなく充実したもので、黄色味が濃く強く苦味があり、成分(バイカリン)のたかすぎないもの(栽培)