ホーム > 漢方・生薬について > ウチダ印の生薬 > 主要生薬の概説

ウチダ印の生薬・主要生薬の概説


甘草


生薬の一般的説明

Glycyrrhiza uralensis Fischer 又はGlycyrrhiza glabra Linné (Leguminosae) の根及びストロンで、ときには周皮を除いたもの


「ウチダ」の生薬


西北甘草・上・刻 中国寧夏回族自治区や陝西省、甘粛省などで自生(野生)しているウラルカンゾウ Glycyrrhiza uralensis Fischer (Leguminosae) の根を刻みとしたもの。本品は主に中国における2号のグレードを用いている。


西北甘草・刻 中国寧夏回族自治区や陝西省、甘粛省などで自生(野生)しているウラルカンゾウ Glycyrrhiza uralensis Fischer (Leguminosae) の根を刻みとしたもの。本品は主に中国における3号のグレードを用いている。


東北甘草・上・刻 主に中国内蒙古自治区東南部で自生(野生)しているウラルカンゾウ Glycyrrhiza uralensis Fischer (Leguminosae) の根を刻みとしたもの。本品は主に中国における2号のグレードを用いている。


東北甘草・刻 主に中国内蒙古自治区東南部で自生(野生)しているウラルカンゾウ Glycyrrhiza uralensis Fischer (Leguminosae) の根を刻みとしたもの。本品は主に中国における3号のグレードを用いている。


選品のポイント
太くて質が充実し,内部が鮮黄色で,甘味の強いもので、成分(グリチルリチン酸)の高すぎないもの



詳しくはこちら