ホーム > 漢方・生薬について > ウチダ印の生薬 > 主要生薬の概説

ウチダ印の生薬・主要生薬の概説


地黄


生薬の一般的説明

 アカヤジオウ Rehmannia glutinosa Liboschitz var. purpurea Makino又はRehmannia glutinosa Liboschitz (Scrophulariaceae) の根



熟地黄 アカヤジオウ Rehmannia glutinosa Liboschitz var. purpurea Makino 又は Rehmannia glutinosa Liboschitz (Scrophulariaceae) の根又を蒸したもの


「ウチダ」の生薬


上・刻 主に中国河南省で栽培している Rehmannia glutinosa Liboschitz (Scrophulariaceae) の根を刻みとしさらに乾燥したもの。本品は1年栽培したものを用いている。


選品のポイント
根は肥大して充実し粘性があり、苦味、甘味のあるもの



熟地黄・刻 主に中国河南省で栽培している Rehmannia glutinosa Liboschitz (Scrophulariaceae) の根を蒸したものを刻みとしたもの。本品は1年栽培したものを用いている。


熟地黄・ドライ・刻 主に中国河南省で栽培している Rehmannia glutinosa Liboschitz (Scrophulariaceae) の根を蒸したもの(熟地黄)を刻みとしさらに乾燥したもの。本品は1年栽培したものを用いている。


選品のポイント
根は肥大して充実して黒く、光沢及び粘性があり、甘味が強く、苦味のあるもの



詳しくはこちら