ホーム > 漢方・生薬について > ウチダ印の生薬 > 主要生薬の概説

ウチダ印の生薬・主要生薬の概説


蒼朮


生薬の一般的説明

ホソバオケラ Atractylodes lancea De Candolle,Atractylodes chinensis Koidzumi 又はそれらの雑種 (Compositae) の根茎


「ウチダ」の生薬


古立蒼朮・刻 中国河南省や湖北省などで自生(野生)及び栽培しているホソバオケラ Atractylodes lancea De Candolle,Atractylodes chinensis Koidzumi 又はそれらの雑種 (Compositae) の根茎を刻みとしたもの。表面に白い粉を多くふくものを古立蒼朮とする。


 中国湖北省や陝西省などで自生(野生)及び栽培しているホソバオケラ Atractylodes lancea De Candolle,Atractylodes chinensis Koidzumi 又はそれらの雑種 (Compositae) の根茎を刻みとしたもの。


選品のポイント
根茎は太く断面は油ようで、白色結晶が析出するもので、香りの強く苦味のあるもの