ホーム > 漢方・生薬について > ウチダ印の生薬 > 主要生薬の概説

ウチダ印の生薬・主要生薬の概説


麻黄


生薬の一般的説明

Ephedra sinica Stapf,Ephedra intermedia Schrenk et C. A. Meyer 又は Ephedra equisetina Bunge (Ephedraceae) の地上茎


「ウチダ」の生薬


去節麻黄・刻 主に中国内蒙古自治区で自生(野生)している主に Ephedra sinica Stapf (Ephedraceae) の地上茎の節を除いたものを刻みとしたもの。


選品のポイント
節を取り除いて茎は太く、黄色味を帯びたもので、味は渋く苦味があり、舌に麻痺感のあるもの



 主に中国内蒙古自治区で自生(野生)している主に Ephedra sinica Stapf (Ephedraceae) の地上茎を刻みとしたもの。


選品のポイント
茎は太く黄色味を帯びたもので、味は渋く苦味があり、舌に麻痺感があるもの