2月4日は立春です。

1年を4等分したものが「季」であり、1年を12等分したものが「節」です。

よってこの日は、春の始まりであり、正月節の初日にあたる日です。

春は、草がはじめて生える時期です。

しかし、植物は芽を出してもまだ地上に出てこず、地中でむずむずしており、

また、陽気は地中にこもり、活力が蠢いています。

葉が落ちて丸裸の樹木や植物の冬芽も目覚める頃でしょうか。

通りを歩くと家々の前に並ぶ種々の鉢植えの植物。

地上部はただの棒であったり、何もない状態ですが、きっと地中では動き始めているのでしょう。

いつまでも「寒い、寒い」と篭もっていては、自然界の中で遅れをとってしまいそう。