バタバタとした日々を過ごしていると、知らないうちに春になってしまっていたようです。

“公園の梅林が満開”と新聞の第1面で知り、花粉症で苦しんでいる人がいると耳にするようになりました。

気づいてみると私もなんだか目がかゆい、のどが痛痒い、鼻水も時々でる。

寝ても寝ても眠くてしょうがない。

やっぱり、春なのでしょう。

まだまだ寒い寒いと思っている間にも季節はさっさと移り、植物は動き出しているようです。

忙しさに気をとられて季節を感知できなくても、身体の方が認識してくれました。

そのことが、うれしいような、その反面、面倒なような。

複雑な気持ちになりました。

花粉症の原因となる植物といえば、この季節はスギやハンノキでしょうか。

その他季節により様々な植物の花粉がアレルゲンとなります。

花粉由来の生薬には、ヒメガマ、ガマ、コガマなどの花粉を乾燥した蒲黄があります。

蒲黄は各種出血に用いられる止血薬です。