2月を「如月」ということはよく知られていますが、他に「梅見月」の呼び名もあります。

梅といえば、真っ先に大宰府天満宮を思いうかべますが、それ以外にも日本には思ったより

梅林が多く、今、各所でつぼみがふくらみ、花の開花がはじまっています。

先日、「ここに有名な梅があるよ。知っていた?」と鹿児島の知人からメールがきました。

鹿児島県東郷町の藤川天神の梅は、菅原道真公自らがお手植えになられたもので、竜が

臥したような姿から「臥竜梅」と呼ばれる樹齢1000年を越える梅の古木だそうです。

日本最大の「臥竜梅」として昭和16年に国の天然記念物の指定を受けている木だそうです。

日本は狭いと思うこともありますが、知らないことがまだまだあります。

遠く離れた土地のことは、なかなかわからないものです。

ちょっとした便りで、「ほっ」として、「ふーん」と思えて、幸せな気分を味わいました。

私も誰かに地元の梅だよりをしよう。と思いました。

梅の花ことばは、「高潔・忠義・澄んだ心 忠実・独立」

「願いをかなえてくれる不思議な力をもつ花」として古来人々に愛され、『万葉集』に多く詠まれ

ている花だそうです。

果実を利用した生薬「烏梅」は、収渋薬として止瀉や止血などに効果があり、「梅干」は、私達の

日常において健康によく、また、殺菌効果を期待して使用される食品です。