近頃では、1日の最低気温が20℃を割り、朝晩は寒さすら感じます。

コンビニには暖かい飲み物が陳列され、スーパーの店頭には、緑と黄色の「地物みかん」が

たくさん並ぶようになりました。

私の「みかん」の思い出は、小学校時代の運動会や秋の遠足に遡ります。

午前中に走り回り、あるいはたくさん歩いた後でのお弁当後の「青いみかん」です。

小さくて皮は青く薄く、中はやや薄い黄色で、味は確か酸っぱかった。

冬に食べるオレンジ色の甘いみかんに比べれば、それほど好んで食べたわけではありません。

今は、最後に「青いみかん」を食べたのはいつだったか、思い出せないくらい食べていません。

しかし、10月を迎え、「運動会や秋の遠足シーズンだな。」と思うと、今でもあの時の「青いみかん」

が頭の中に甦ってきます。

乾燥させたみかんの果皮は、生薬名「橘皮」で、一年以上経た古いものは「陳皮」です。

健胃、鎮咳、嘔吐に効果があり、平胃散、六君子湯、二陳湯など多数の処方に配合されます。

また、陳皮は七味とうがらしの中のひと味でもあり、多くの人が知らぬ間に、口にしている身近な

生薬です。