山の紅葉を楽しむには、あと少しでしょうか。コバノガマズミやウメモドキの赤い実、コムラサキシキブの紫の実がちょうどよい塩梅で色づき、柿の木も橙色の丸い実をぶら下げ、徐々に徐々にと、確実に、山は鮮やかに変身しようとしています。

柿の果実は古くから水菓子として親しまれ、「柿の花」は夏、「柿」は秋の季語として親しまれます。原産地は中国ですが、古くに日本に伝えられ、疲労回復や風邪の予防に効果があるとされています。「柿が赤くなれば医者が青くなる」と諺にあるほどです。

生薬としては、柿蔕(してい)があり、しゃっくりや鎮咳・鎮吐に用いられます。干し柿の表面につく白い粉である柿霜(しそう)は粘膜を潤し、咳を止め、痰を取り除く作用があります。

また、果実に含まれるタンニン、酵素や果糖は、二日酔いの原因を分解、排出し、エネルギーの補給を行う作用が知られています。多量に含まれるカリウムによる利尿効果も期待できます。

というわけで、 秋の夜長、お酒を楽しんだ後のデザートとして、柿は最適な食材のようです。