MENU

ウチダ印の生薬

生薬名 ハンゲ

基本情報

産地 :甘粛省

基源

基源植物 :サトイモ科 カラスビシャク Pinellia ternata Breitenbach

生産概略

1.栽培
2.栽培期間 :初秋ころ植え付け、翌年晩夏~初秋にかけ収穫する

参考

収穫の様子 皮去りの様子

皮去り後、天日で乾燥


 硫黄燻蒸、すなわち硫黄を燃やすことにより生じる亜硫酸ガスの燻蒸は、主に漂白や酸化防止の目的で干し柿をはじめとする乾燥果実や、かんぴょうなどの食品で行われています。ハンゲの加工調製においては、乾燥促進や漂白などを目的に硫黄燻蒸を行うことがありますが、過度な燻蒸は酸味臭や味を悪くするなどの弊害が生じることから、当社では硫黄燻蒸は行っておりません。