ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【連翹(レンギョウ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【連翹(レンギョウ)】  平成5年4月15日号より

基源:レンギョウ Forsythia suspensa Vahl.,シナレンギョウ F.viridissima Lindl.
およびチョウセンレンギョウ F.koreana Nakal(モクセイ科 Oleaceae)の成熟果実。

レンギョウの名前は良く知られています。
どこの公園にも植えられ,春になると目立って鮮やかな黄色い花を咲かせます。
あのレンギョウが漢薬の「連翹」だと言われてもうまく両者が結び付きません。
漢薬の連翹は特徴的で,他に間違えるような生薬もなく,一見して果実類生薬と
わかるのですが,公園のレンギョウにはあの特徴的な果実が着いていないからです。

レンギョウは,中国原産の植物です。
生命力旺盛で,枝が垂れて地面につくとそこからまた根が出てやがて独立した
一つの木になりどんどんと周辺に増えていきます。
自家不和合性が強い植物すなわち自家受精ができないので,近くに別の株がない
と結実しません。

但し,公園にたくさん植えられているレンギョウが結実しないのは,実は遺伝的
に同じ物ばかりが植えられているからです。株分けや押し木で容易に増えた株は
すべて遺伝子が同じですから,何株植えても同じことです。結実させるには遺伝
的に異なった株を混植する必要があります。

レンギョウの仲間には数種類があります。
みな早春によく似た黄色い花を咲かせます。
漢薬として利用されるのはレンギョウが多いのですが,中国にはシナレンギョウと
呼ばれる種類があって,同様に利用されますが,品質的には劣るとされます。
日本にも野生種があって,ヤマトレンギョウの和名が付いていますが,結実数が少
ないので生薬の原植物とはなりえません。
朝鮮半島に自生するものはチョウセンレンギョウと呼ばれます。
このものは立派に漢薬「連翹」として通用していますが,やや小型で品質的には次
品とされます。
レンギョウはヨーロッパで品種改良が行なわれ,多くの園芸品種が栽培されています。
これらの種類はみなよく似ていますが,(植物学的な違いはここでは省略します)
植物学的なことは以上で凡そおわかり頂けたと思います。難しいのは生薬学的なこと
です。
実は,漢薬「連翹」としてレンギョウの果実を用いるのが正しいのか否かという重要
な問題があります。
連翹の原植物や薬用部位は古くから混乱しているのです。

連翹は『神農本草経』の下品に収載されたものですが,陶弘景は『神農本草経集注』
の中で「所々にあって今用いるのは茎連花実である」と記しています。続いて蘇敬は
『新修本草』に「連翹には大翹と小翹の二種がある。
大翹の葉は細長くて水蘇(シソ科イヌゴマの仲間?)の様で花は黄色く可愛い。低湿
地に生える。果実は椿(チャンチン)実の未だ開かないものに似て房を作る。他の草
に翹出する。
小翹は岡の上の広場に生え,葉も花も実も皆大翹に似ているが小さくて細い。山南人
(湖南省)は両者を用い,京下(長安)ではただ大翹の実(種子?)のみを用い,茎
や葉は用いない。」と記しています。この文章は一見明快なようですが,種々の解釈
が可能なのです。

一般には大翹にレンギョウ,小翹にオトギリソウ科の植物が充てられていますが,大翹が
トモエソウ,小翹が小型のオトギリソウの仲間とする解釈も可能です。
また植物学的にはトモエソウの中国名(古名)を連翹,レンギョウのそれを黄寿丹とする
のが一般的です。

いずれにせよ,陶弘景の時代(梁)には茎も花も実も用いられていたわけで,明らかに今
と基源が異なっていました。また『傷寒論』の「麻黄連車召芍赤小豆湯」に使用された連
召(連翹の異名:爾雅に記載)は連翹の根とされ,これもレンギョウの根であったかトモ
エソウの根であったか,現時点では明らかにされていません。現在日本市場の連翹はレン
ギョウの成熟果実のみですが,中国ではオトギリソウ科の
連翹(小連翹)も利用されているといいます。

レンギョウの果実に由来する生薬は「黄連翹」「老翹」ともいわれ,現在ではこのものが
正品とされています。
果実が大粒で二分せず,頂部の裂開した辨が大きく,淡褐色から黄色を呈し,殻が厚く種
子がない新しいものが良品とされます。
完熟前の青色の果実を蒸して乾燥したものを「青翹」と呼びますが,日本市場にはありま
せん。古来の正品に関して,今後の研究が待たれる生薬です。
(神農子 記)