ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【胡蘆巴(コロハ)/フェヌグリーク(Fenugreek)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【胡蘆巴(コロハ)/フェヌグリーク(Fenugreek)】  平成30年12月10日号より

基源:マメ科(Leguminosae)の Trigonella foenum-graecum L. の成熟種子。

 私達が知っているスパイスの多くには漢字表記の別名があります。ターメリックには鬱金、クローブには丁子、フェンネルには茴香などです。これらスパイスとして知られる生薬はヨーロッパなど西域から、或いはインドなど南方から交易を通じて古い時代に中国に導入されたものです。フェヌグリーク/胡蘆巴もそのひとつです。

 フェヌグリークは古代エジプトで5000年前には利用されていた植物とされています。葉は野菜として、種子はパンの味付け用として添加されていたようです。薬用としての利用は、種子のペーストを体に塗って体温を下げる、口腔疾患や口唇のひびわれ、胃病などに利用されるなどがあったようです。中近東では一般的な香料として、スープに入れたり焙じてコーヒーの代用にしたりされ、インドでは種子や葉をカレーやチャツネの原料として用いる他、種子を黄色染料としても利用してきました。この有用植物は地中海沿岸を中心にインド、パキスタン、フランス、アルゼンチンなど世界中に広がり栽培されるようになりました。

 胡蘆巴の名称は中国では宋の時代の『嘉祐本草(1061)』に最初に登場します。同じく宋の『図経本草(1062)』には貿易によりもたらされたことが記載されています。すなわち「この種は南洋の諸外国から出るものだ。(略)海外貿易商人がその種を持ってきて嶺外地方へ蒔いてみると、生えることは生えたが、外国からくるものほど精良なわけにはいかなかったという。(略)唐時代以前の方には用いていない。本草にも記載してなかったところを見ると近代に及んで発見されたものと言える」という文章です。その効能については、同じく『嘉祐本草』に「腎の虚冷の気を治す。附子、硫黄と配合すれば腎虚の冷腹脹満、顔色の青黒なるものを治す」とあり、優れた腎経の薬物であったことがわかります。また胡蘆巴には腎陽を温め、寒湿を去る効果があり、インポテンツや遺精、冷えによって生じる下腹部痛や下肢痛、月経痛などに応用されます。

 処方例として、腎経の疾患を中心に次のようなものがあります。①膀胱機能の失調の治療:胡蘆巴、茴香、ふすまで炒った桃仁各同量を、半分は酒糊で丸薬にし、残り半分は散剤にする。1回に50〜70丸を食前の空腹時に塩酒で服用する。散剤は熱い重湯で整えて、丸剤と交互に空腹時に服用する。②寒湿脚気、腿膝疼痛、歩行無力低下の治療:1晩水に浸した胡蘆巴4両、香りが出るまで炒った破故紙4両を細かい粉末にする(製法略)。梧桐子大の丸薬として1回に50丸を温めた酒で食前の空腹時に服用する。③高山病の予防と治療:胡蘆巴の葉を日干しし、研って粉末にし、錬蜜で丸剤にする、などです。

 原植物はマメ科の1年生草本で高さ40〜50 cm、三出複葉で葉腋にマメ科特有の蝶形花をつけます。花は最初白色で、徐々に淡黄色になります。花後、子房が成長し細長い円筒状のさやを形成します。さやの長さは6〜11 cm、幅は0.5 cm、厚さ2 mm ほどです。花期は4〜6月、結実期は7〜8月です。

 豆果が成熟した夏に株を刈り取り、乾燥後に種子を落として回収します。種子はやや斜方形から菱形で、長さ3〜4 mm、幅2〜3 mm、黄緑色から黄褐色で表面は滑らかです。両面に1本ずつ深い斜溝があるのが特徴的です。質は硬く砕けにくく、砕いたときには強いカレー臭がします。粒が大きく充実したものが良品とされています。中国での主産地は河南、安徽、四川などとされます。

 張子和(およそ1150〜1230頃)の『儒門事親』には「ある人が目を病んで見えなくなったので、胡蘆巴を食べることを思いたった。切らすことなく頻繁に食したところ、1年も経たずにまぶたに虫が入ったような微痛を感じ、しだいに見えるようになり治癒した」との記載があるそうです。この薬効記載の真偽は確認されていないようですが、古くから利用されてきた薬物であるので、まだまだ隠れた薬効が存在するのかも知れません。

(神農子 記)