ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【スイテツ(水蛭)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【スイテツ(水蛭)】  平成22年08月15日号より

基源:ヒルド科(Hirudidae)のウマビルWhitmania pigra Whitman,チスイビルHirudo nipponica Whitman,チャイロビルWhitmania acranulata Whitmanを乾燥したもの

 ヒルは,海や淡水の中,そして陸上の湿った場所などに生息しており,種類が豊富です。日本にもいて,山道などで知らずのうちにヒルに血を吸われた経験がある方もおられることでしょう。ヒルは人や動物の皮膚に吸いつくと同時に歯でY字状に傷をつけて宿主の血液を吸い始めます。ヒルに吸血された動物の出血は止まりにくい特徴がありますが,これは,ヒルの唾液腺には抗血液凝固物質のヒルジンと血管拡張作用をもつヒスタミン様の物質が含まれており,これらの物質を注入しながら吸血を行うためです。ヒルは血を吸った後は,大きく膨れ上がり,チスイビルでは1回の吸血で体重の2倍から5倍の血液を一時蓄えることができるとされています。そして胃の中に蓄えられた血液は徐々に消化されていきます。

 ヒルは,大きさは体長2mmほどのものから40cm 以上になるものまであり,体は扁平または円筒形で,多数の輪状の縞があり,34体節からなっています。「水蛭」の原動物であるウマビルは長さ4〜10cm,幅0.5〜2cm,チスイビルは長さ2〜5cm,幅0.2〜0.3cm,チャイロビルは長さ5〜12cm,幅0.1〜0.5cmの大きさをしています。生薬「水蛭」に加工調製するには,夏から秋に捕獲し,洗浄してから,茹でたり,石灰まぶしたりして殺した後に,日光にさらして乾燥させます。生薬の品質としては,形が整って小さく,黒褐色で,泥が付着せず,虫に食われていないものがよいとされます。中は詰まっていて,断面は黒くてガラス状の光沢があります。

 「水蛭」は『神農本草経』に「味鹹平。悪血,瘀血,月閉を逐い,血瘕積聚を破り,子無きを治し,水道を利す」と収載される生薬で,漢方では,駆瘀血,通経薬として,月経閉止,瘀血腹痛,癰腫などに応用し,『傷寒論』出典の抵当丸などに配合されます。一方で,子宮収縮作用があることから,妊婦には使用してはならないとされています。

 中国には,「楚の恵王,蛭を呑む(楚恵王呑蛭)」という故事があります。楚の王であった恵王は,食事の時に,寒葅(一説に,冷たい塩漬けの野菜)の中に蛭を発見しましたが,これは食事を作った責任者の死に当たる罪であることを気の毒に思い,そのまま呑みこんでしまいました。それを知った令尹は「王には仁徳がありますので,病や傷にはならないでしょう」と言い,はたして,恵王は病を得ずに済み,さらにかねてからの腹部の疾病が治ったというお話です。このことについて,陶弘景は「楚王は寒葅を食す時に蛭を見てそれを呑んだ。ところが果たしてよく結積を去ったという。これは恵王の徳とともに,蛭がこのような性質を兼ねていたためだ」と述べ,王充も「蛭というものは血を食らう虫だ。楚王は積血の病があったらしい。それゆえに蛭を食って病が癒えたのだ」と述べています。この故事には「水蛭」の薬効がよくあらわされています。

 ヒルを医療に用いる方法として,乾燥したヒルを内服する他に,生きたヒルを外科的な治療に用いる方法は今でも世界中で広く行われています。ヨーロッパにおいては,ヒルを患部の皮膚に吸いつかせて血液を吸わせる瀉血療法が紀元前から行われてきました。またインドのアーユルヴェーダでは腫れた患部をヒルに吸わせるなどの外科的な医療に用いており,使用したヒルは,吸った血液などを吐き出させ,再度利用するそうです。アーユルヴェーダにおける医薬の神様であるダンヴァンタリは手にヒルを持っており,ヒルを重要なものとして位置付けていることが伺えます。また中国では『本草綱目』の附方に,赤白丹腫,癰腫の治療に患部をヒルに吸わせることが記されています。また日本においても,おできなどの腫れものができた時に,患部をヒルに吸わせるという民間治療が行われていました。このようなヒルによる外科的治療方法では,術後の傷跡が小さくて済むという利点もあります。

 私たち人類にとってヒルは,血液を吸うという嫌われる面もありますが,一方でその性質をうまく生かして医療に利用できる優れた面をもつ重要な生き物といえます。

(神農子 記)