ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【芍薬(シャクヤク)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【芍薬(シャクヤク)】  平成5年5月15日号より

基源:シャクヤク Paeonia lactifiora Pallas 又はその他近縁植物(ボタン科 Paeoniaceae)の根

ボタンは"木"、シャクヤクは"草"ですが、ともによく似た大きな
花を咲かせるので常に並び称されています。
ボタンとシャクヤクは生薬としても話題の多い植物で、両種でボ
タン科を形成する同じ仲間でありながら、薬用部位や薬効が違っ
ていて、いつも比較されます。今回はこれから花の咲くシャク
ヤクを話題にしたいと思います。

シャクヤクは、中国東北部、東シベリア、朝鮮半島原産の植物で、
花期は5月、中国ではずいぶんと早い時期から鑑賞用に栽培され
ており、わが国でも足利時代にすでに栽培されていた記録があり、
渡来時期はボタンよりも早いとされています。

シャクヤクは植物としてははっきりとしているため、生薬「芍薬」
の基源に関してもさほど問題がないように思われがちですが、実
際は品質面で種々異なったところがあります。すなわち、産地
(あるいは品種)によって成分的に大きく異なることはすでに指
摘されているところですが、それ以前の問題として、古来生薬
「芍薬」には赤芍と白芍の違いがあり、その定義が時代によって
変化してきているのです。

赤芍と白芍の薬効の違いについては『傷寒論』に「白いものは補
い、赤いものは瀉ぎだし、白いものは収め、赤いものは散らす」
と記され、また『蜀本草』では「赤は小便を利し気を下し白は痛
みを止め血を散ずる」とし、『日華子諸家本草』では「赤色のも
のは多く気を補い白は血を治す」と、書物によって違って述べら
れています。
一方、薬物学的には、芍薬は『新農本草経』の中品収載品で、そ
こには赤白の区別はありませんが、梁の陶弘景は赤芍と白芍の区
別があることを記しています。

宋代になると、『図経本草』には「准南のものが勝る。(花色は)
紅白紫数種ある。根もまた赤白二種ある」と記され、さらに崔豹
古の意見として「芍薬に草芍薬、木芍薬二種あり。木芍薬は花が
大きくて色が深い」、また安期生の服錬法を引用して「芍薬に二
種あり。一つは金芍薬、二つは木芍薬。病を救うのに用いるのは
金芍薬で、色が白く太っている。木芍薬は色は紫で痩せて脈が多
い」と記しています。崔豹古の草芍薬と安期生の金芍薬、また木
芍薬が同じ基源なのかどうかはわかりませんが、このころ薬用と
していたのは金芍薬すなわち白芍だったこと、また赤芍・白芍は
根の色、大きさ、形などで分けられていたことなどが窺い知れま
す。また、『証類本草』には「別説云」として「薬用には家に植
えられているものが多く用いられている」ことや「昨今は多くは
栽培品を薬用にしているが、(肥料を多く施した結果)根が肥大
して香味がないものは薬用には適さない。やはり川谷丘陵地に生
えているものが勝る」とする意見を引用しています。すなわち、
当時は白芍としては栽培シャクヤクを、赤芍として野生品を利用
していたようです。

明代になると、李時珍は『本草綱目』の中で「日華子のいう、赤
が気を補し白は血を治す、というのは審に欠ける」、また「白は
金芍薬、赤は木芍薬。根の赤白は、花の色に従う」と述べていま
す。すなわち、白花の品種(または花色の薄い品種)の根を白芍
とし、赤花(または花色の濃い品種)の根を赤芍としたわけです。

そして現在中国では再び、白芍を栽培品種の根、赤芍を野生種ま
たは P.vcitchii Lynch の根(川芍薬あるいは川赤芍)として
いますが、野生品を白芍として使用する地方もあるようです。

芍薬の品質は一般に、太くて内部が充実し、やや柔軟性を帯び、
内部が微赤色から白色を呈し、収斂性とやや苦みがあり、芍薬特
有の臭いが強いものが良いとされ、内部が暗色を呈するものは劣
るとされています。また、産地によって「抗芍」,「毫芍」,「川芍」
,「中江芍」などがありますが、品質は「抗芍」(浙江省産)が最
良だと言われています。『図経本草』には「准南」(すなわち今の
安徽省)のものが勝れているという記載がありますが、これは今
の「毫白芍」に相当し、産出量の最も多いものです。

一方、李時珍は揚州芍薬が優れていると述べ、良質芍薬の生産地
も時代によって移り変わりが見られます。また、他書に花の色や
花弁の状態で芍薬の品質の良否を論じたものがありますが、これ
も一定していません。
芍薬はわが国で自給率の高い生薬の一つですが、現在は赤白を区別
せず、コルク層を削り温風乾燥または風乾したもの、あるいは皮を
剥いだ後に煮沸または蒸すかして調製したものを単に日局シャクヤ
クとして用いています。ただし古くは根を水洗しそのまま曝乾した
ものを赤芍、水洗後外皮を剥いで煮沸するか蒸した後に曝乾したも
のを白芍としていました。

これはおそらくわが国には薬用に適した野生品がなかったからでし
ょう。過去現在を問わず、まさに日本式にアレンジされた利用法で
すが、中国でもともと区別のなかったものが区別されるようになっ
たのにはそれなりの理由があると考えると、以上ご紹介した内容を
もとに一考してみる姿勢も必要かも知れません。
(神農子 記)