ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【蟾酥(センソ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【蟾酥(センソ)】  平成15年04月15日号より

基源:シナヒキガエルBufo bufo gargarizans CantorまたはヘリグロヒキガエルBufo melanostictus Schneider (Bufonidaeヒキガエル科)の毒腺の分泌物を集めて乾燥したもの。

 一般市民にはセンソ(蟾酥)というよりも「がまの油」と言った方がよく理解されるでしょうか。センソはヒキガエルの仲間の毒線分泌物を乾燥したもので,原動物のガマが『神農本草経』の下品に「蝦蟆」の名前で収載されています。当初はヒキガエル類の体全体を乾燥させたものを現在と同じような目的で使用していましたが,いつしか有効成分が皮膚のイボから出る白い分泌物であることが分かり,それだけが集められるようになったようです。

 ガマの油売りの口上では,鏡の箱に入れられたガマが己の姿に驚いてたらりたらりと出す油を集めて柳の枝でかき回しながら煮詰めることになっています。これまで,中国におけるセンソの製法はよく分かっていませんでしたが,最近になって明らかにされました。それによりますと,ヒキガエルが池に集まる11〜12月と2〜4月の年2回,網でガマを捕まえ,耳後腺及び皮膚腺に入っている白い分泌液をアルミニウム製のカスタネット状の器具ではさんで集め,適度な堅さになったものを円盤状あるいは種々の形に整えて自然乾燥するそうです。1枚の重量が100g程度の平均的な円盤状のセンソを生産するためには5,000〜7,000匹のヒキガエルを必要とするそうで,また自然乾燥には2年以上を要するといい,たいへんな手間ひまがかかっています。乾燥すると表面は黒色になりますが,断面があめ色をしたものが良質品とされています。

 その原動物のガマの資源が年々減少し,現在中国では国家重点保護野生資源動物に指定されていると聞くと驚きます。その大きな原因は農薬の使用によってガマの餌となる昆虫類が減少していることのようで,水源の汚染も問題視されています。そういえばわが国でも,田圃や池にはカエルがつきもので,以前は田植え時期にはうるさいほどの大合唱が聞かれたものですが,最近では昔に比べると大人しくなったような気がします。やはり,農薬使用の影響なのでしょうか。現場では,分泌液を採取したガマは再び池に戻しており,1年もすればまた採取できるそうです。そうした意味ではセンソは無限資源と言えますが,そのためには餌となる昆虫を確保する必要がありそうです。

 薬物資源が減少すれば,一般にはその種の栽培や養殖が試みられるのが常です。ガマも例外ではなく,養殖が検討されたそうです。しかし,種々試算した結果,餌の確保に経費がかかり過ぎて採算がとれないことが明らかになり,見送られたようです。

 さて,センソは強心性ステロイドのレシブフォゲニンresibufogenin,シノブファギンcinobufagin,ブファリンbufalinなどを含んでおり,これらの強い毒性から1日の服用量は2〜5 mgとごく微量で,局方収載生薬の中で唯一毒薬に指定されています。ゆえに,化学的品質の安定化が望まれるわけですが,実際には市場品にはこれらの成分に大きなばらつきがあります。分泌物採集者の熟練度,乾燥時の不手際などが影響しているようですが,偽和物の混入もあります。

 センソの高品質安定化には,採取した乳液を布で漉し,皮膚片などを除去したのちに凍結乾燥するのがもっともよいと報告されています。ただ,こうして作った製品の色は乳白色で,局方の性状の記載に合致しません。新鮮な分泌物を陰干しにすると強心性ステロイドは約半量にまで減少し,天日乾燥ではさらに減少するそうです。その点,凍結乾燥では減少が2割強でおさまり,資源の有効利用にも優れていると言えます。昔は凍結乾燥器などの機器がなかったわけですから,多くは自然乾燥されてきました。今後は他の生薬をも含めてこうした近代的機器を利用した生薬の新しい加工方法の検討も必要だと思われます。

(神農子 記)