ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【芥子(ガイシ)と白芥子(ビャクガイシ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【芥子(ガイシ)と白芥子(ビャクガイシ)】  平成30年8月10日号より

基源:アブラナ科(Cruciferae、APG分類ではBrassicaceae)の、芥子はカラシナ Brassica juncea (L.) Czern. の種子、白芥子はシロガラシSinapis alba L. の種子。

 日本人が利用する身近な香辛料に「からし(芥子、辛子)」があります。これはアブラナ科植物のカラシナBrassica juncea (L.) Czern. の種子を粉末にして水を加えて練ったもので、「和がらし」とも称されます。一方、「洋がらし」とも称され辛味がマイルドな「マスタード」は、同じアブラナ科のシロガラシSinapis alba L.(=Brassica alba (L.) Rabenh.)の種子に由来し、種子粒や粉末に水や酢、砂糖などを加えて練ったものです。共に古来鎮咳薬などとして薬用にも供されてきました。中国では古くから前者を「芥子」、後者を「白芥子」として区別してきました。辛味成分は前者がシニグリン、後者がシナルビンで、互いにわずかに構造が異なるグルコシノレート(カラシ油配糖体)です。なお、マスタードには辛味がやや強いクロガラシBrassica nigraの種子を使用したものもあります。

 薬用としての「芥」は『名医別録』の上品に収載されています。その名称について、王安石の『字説』には「芥とは界の意味で、汗を発し気を散じ、我を界するものの意味である」とあり、王禎の『農書』には「その気味が辛烈で介然たるもので、食えば剛介の象がある。ゆえに文字は介に従うのだ」とあります。『新修本草』には「芥には三種あって、葉が大きく子の粗大なものは、葉を食い子を薬に入れて用いる。葉が小さく子の細かいものは、葉は食せずただ虀(なます、あえもの)にするだけである。又、白芥子というのがあって、粗大で色が白く、白粱米のようで甚だ辛美だ。これは西戎から来る」とあります。「白芥」は『開宝本草』では別項目に分けて収載されています。現在でも中国では「芥子」と「白芥子」の二種類が区別使用されています。

 薬効について、『本草綱目』には「芥子の功は菜と同じ。その味は辛で気は散ずるものだから、能く九竅を利し、経絡を通じ、口噤、耳聾、鼻衄の証を治し、瘀血、癰腫、痛痺の邪を治する。その性は熱にして中を温めるものだから、又よく気を利し、痰を割し、嗽を治し、吐を止め、心腹諸痛に主効がある。白芥子は辛烈が更に甚だしいもので、治病に就中良し」とあります。「白芥」の項では「白芥子の辛は能く肺に入り、温は能く発散する、故に気を利し、痰を割し、中を温め、胃を開き、痛を散じ、腫を消し、悪を避ける効力がある」とあります。このように薬用としては「白芥子」の方が優れていると考えられていたようです。

 種子を採集するには、夏の終わりから秋の初めにかけて果実が成熟した頃、株を根元から刈り取るかあるいは果実を摘み取り、日干した後に種子を叩き落とし、ふるいにかけて殻や枝葉などの夾雑物を除きます。種子は球形、薄い種皮に包まれ、油性があります。1グラム中の平均種子数はカラシナ由来の芥子では500粒、シロガラシ由来の白芥子では150粒で、種子は白芥子のほうが明らかに大型です。

 日本では古くに伝わったカラシナBrassica juncea が各地で栽培されてきました。種子である「芥子」は粉末を水と混ぜて練った「芥子泥(からしでい)」として刺激性の鎮痛薬や去痰薬として使用されていました。種子を採集する基準変種B. juncea var. juncea 以外に、辛味のある葉や茎を利用するハカラシナやタカナ(var. integrifolia)、葉の基部が肥大したザーサイ(var. tumida)なども同様に栽培されています。いずれも食用目的で使用されることがほとんどです。一方、シロガラシはヨーロッパ各地で栽培されており、「マスタード」目的で使用されています。薬用としての「白芥子」は中国安徽省や河南省で栽培されています。

 日本人はワサビ同様にカラシも好んで食します。これらの辛味は和食の味を引き立てるために最適であったためと考えられます。このことは「白芥子」よりも辛味が強い「芥子」が日本で使用されていることと無関係ではないと思われます。

 

(神農子 記)