ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【菟絲子(トシシ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【菟絲子(トシシ)】  平成15年06月15日号より

基源:ネナシカズラCuscuta japonica Chois. およびハマネナシカズラC. chinensis Lam.(ヒルガオ科 Convoluvulaceae)の成熟種子。

 菟絲子は『神農本草経』の上品に収載された薬物です。同書には「続絶傷を主治し,不足を補い,気力を益し健康に肥らせる」とあり,また『名医別録』には「肌を養い,陰を強くし,筋骨を堅くし,---」とあります。また『薬性論』には「菟絲子は君薬である。能く男子女人の虚冷を治療し,精を添え髄を益し,腰の疼痛や膝の冷えを去る---」とあって,古来強精強壮薬として利用されてきました。

 原植物のネナシカズラはその名が示すように「根がない蔓性植物」です。ネナシカズラが寄生植物であることは古くから知られていました。そのことがいかにも不思議であったようで,茯苓が菟絲子の蔓を出すと信じていた古人もあったようです。「菟絲子の下には茯苓が存在する」と俗言されてきた所以です。ただし,この一件に関しては実地検分すればすぐに真偽が判ることで,多くの本草書に「必ずしもそうしたことはない」と記されています。筆者も何度となく試してみましたが,まだその事実に出合ったことはありません。却って,わが国の松林ではネナシカズラを探すことの方が困難なようです。あるいは,菟絲子の原植物とされるものには数種あって,松林の中のものはまったくの別種なのではないかとも思われます。

 ネナシカズラは一般にマメ科植物に寄生し,同じ仲間にマメダオシという植物もあります。『図経本草』にも3小葉の植物に絡みついた姿が描かれており,マメ科植物に寄生したものに違いないと考えられ,よく観察されていると感心します。わが国の野原や浅い山地にも普通に見られ,しばしば覆い繁るクズに寄生して,強健なクズを負かさんばかりに繁茂している姿を見かけます。遠目には黄色の布をかぶせたようで,近付くと黄色いそうめんのような茎が絡み合っています。葉はなく,自ら光合成は行なわず,随所で寄生相手の茎に融合するようにかたく取り付いています。茎に赤かっ色の斑点があるのも特徴です。『神農本草経』に見える別名「赤網」の由来と思われます。寄生された植物は,その部分から上は明らかに茎が細くなって成長が悪く,養分が横取りされていることは明らかです。初夏に白色の小さな花を咲かせますが,いくら説明を受けてもこれがヒルガオ科の植物,すなわちアサガオの仲間だとは信じることができません。また,海岸近くにはさらに茎の細いハマネナシカズラがあり,先日は蔓荊子の原植物であるハマゴウに絡み付いているのを見かけました。中国では本種が主用されているようです。

 菟絲子はわが国ではめったに使用される薬物ではありませんが,中国市場ではよく見かけます。紫蘇子よりもさらに小さな粒で,よくぞこれだけ集められるものだと見るたびに感心します。一般には酒に浸したのちに乾燥して粉末にし,丸薬として服用されることが多いようです。

 「菟絲」の名前の由来については本草書には多くは語られていませんが,中国の民話の中に,腰を強打したウサギがこれを食して癒えたのを知って,同様な症状で寝たきりの老人が試して著効を得たのが語源であると語られています。打撲による腰脚弱の治療薬としての発見が薬用のきっかけであったというわけです。

 古人が摩訶不思議なものに薬効を求めた心境はよく理解できます。とくに不老長生薬にそうしたものが多いように思われます。「天麻」,「桑寄生」などです。寄生植物は他の植物の精を奪って生きているわけで,人々がそれにあやかろうとしたのはごく自然な発想であったでしょう。菟絲子もそうした薬物の一種ではなかったでしょうか。それにしても,採集利用しやすい蔓性の茎ではなく,細かな種子のみを薬用にした理由までは理解できません。

(神農子 記)