ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【アンソクコウ】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【アンソクコウ】  平成26年11月10日号より

基源:エゴノキ科(Styracaceae)のStyrax benzoin Dryander又はその他同属植物から得た樹脂

 様々な植物の樹脂は、古くから生薬として用いられて来ました。代表的なものとして、カンラン科ミルラノキ属植物に由来するモツヤク(没薬)やボスウェリア属に由来するニュウコウ(乳香)、またマメ科のアラビアゴムノキに由来するアラビアゴムやAstragalus gummifer Labill. に由来するトラガントなどがあります。今回は、同様に樹脂に由来するアンソクコウ(安息香)の話です。

 アンソクコウはエゴノキ科エゴノキ属植物Styrax spp.の樹幹に傷をつけた際に流れ出てくる樹脂を集めたものです。エゴノキ科は世界に11属150種が知られており、北半球の温帯から熱帯に分布します。その中でエゴノキ属は120〜130種が知られ、日本にはエゴノキやハクウンボクが自生します。

 アンソクコウは産する樹種によってシャム安息香とスマトラ安息香の二種類に分類されます。シャムがタイの旧名であることからも分かるように、シャム安息香はタイから中国南部にかけて分布するS. tonkinensis Craib ex Hartwichなどの樹脂を指し、生産量が少なく高級品とされます。一方、スマトラ安息香はスマトラ島を主産地とし、S. benzoinS. paralleloneurum Perk., S. serrulatum Roxb. var. mollissimum Steen. から得られる樹脂です。現地で高級品とされるのは、haminjon tobaと呼ばれるS. paralleloneurumから製した樹脂ですが、樹種以外にも樹齢や採取時期などでも品質は左右されます。実際には、色や香りによって各種の等級があり、また、それらを混合して製したものも存在します。注意すべき点として、ブレンド品や低級品にはダマールと呼ばれるフタバガキ科のShorea spp. やナンヨウスギ科のAgathis spp. などの樹脂が用いられる場合があります。『日本薬局方』にはアンソッコウとしてS. benzoinまたはその他同属植物の樹脂が規定されており、ダマールは日局アンソッコウとして用いることは出来ません。日本で実際に流通しているもののほとんどはスマトラ安息香のようです。

 英語でアンソクコウはbenzoin balsamですが、属名のstyraxの名で流通する生薬もあります。地中海に産するS. officinalis L. から得られる樹脂はstyraxと呼ばれ、16世紀まで中国でもソゴウコウ(蘇合香)という名で流通していました。しかしながら、マンサク科のフウ属植物Liquidambar spp. が産するバルサム(揮発性油脂に溶解した樹脂)が流通し始め、市場からなくなりました。フウの属名Liquidambarは「液体の琥珀(liquid・amber)」に由来し、バルサムもその英名で呼ばれることがあるそうです。このliquidamberは流動蘇合香と称し、第5改正日本薬局方まで収載されていました。

 これらの樹脂は、色や質感の違いはありますが見た目で鑑別するのは困難です。高速液体クロマトグラフィーによる分析では、シャム安息香は安息香酸コニフェリル(coniferyl benzoate)が主成分であるのに対し、スマトラ安息香はパラクマリルアルコールの桂皮酸エステル、トルコ産の流動蘇合香は安息香酸ベンジルなどが主成分だったそうです。また、ガスクロマトグラフィーによる分析では、シャム安息香は安息香酸コニフェリルに由来するピークを主として認めたのに対し、スマトラ安息香では桂皮酸に由来するピークを、トルコ産の流動蘇合香では安息香酸ベンジルを主として検出しました。これらの樹脂は他にも多くの化合物を含有しており、安息香酸や桂皮酸のエステル、バニリンなどの芳香性の化合物がアンソクコウの香りと品質に影響を及ぼしていることが推察されます。

 アンソクコウの英名ベンゾイン(benzoin)は「ジャワの乳香」という意味のアラビア語(luban jawi)から派生したと考えられています。一方、ベンゾイン(アンソクコウ)は安息香酸エステルを多く含んでいるため、安息香酸の英名「benzoic acid」を導きました。そして、1833年、ドイツの化学者によって安息香酸と石灰から作られた化合物に「benzin」の名が付けられ、後に「benzene」すなわちベンゼンと改められました。化学はアンソクコウ抜きには語れないのです。

 

(神農子 記)