ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【柴胡(サイコ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【柴胡(サイコ)】  平成5年7月15日号より

基源:ミシマサイコ Bupleurum falcatum L.またはその変種(セリ科 Umbelliferae)の根。

 柴胡は,神農本草経上品収載品で,「久しく服すれば,身を軽くし,目を
明らかにし,精を益す」と君薬にあげられています。柴胡はそれの入った
一連の処方箋が「柴胡剤」と総称される重要な漢薬の一つです。

 現在,日本薬局方の規定では,柴胡の原植物はミシマサイコ B.falcatum L.
またはその変種となっていますが,中国で使用されているのは同属植物の
B.chinense(中国名:柴胡)に基づく「北柴胡(柴胡)」,B.scorzonerifolium Willd.
(同:狭葉柴胡)に基づく「紅柴胡(南柴胡)」が主であり,また他に
B.mariginatum Wall.ex DC.(同:腹縁柴胡)に基づく「竹葉柴胡」など,原
植物は多種にわたっています。

 わが国では中国と同じものが産しなかったため,同属植物で非常に良く
似たミシマサイコが代用品として利用されました。ミシマサイコという名は,
伊豆の三島地方に集められたところからその名が付けられ,当時は三島
の宿に立ち寄った旅人は必ず買って帰るのが慣わしになっていたほど三
島の柴胡は有名でした。「三島柴胡」は伊豆の草原地帯を初めとして関東
から東海地方にかけて産出したものを指し,それに対して九州地方を初め
とする西方に産出したものを「鎌倉柴胡」と呼んでいました。どちらも薬用
に供されていましたが,現在では関東・東海地方にはまったく産せず,わ
ずかに九州地方で集荷されますが,それも和産柴胡として供給できるほ
どの量ではありません。

 柴胡の品質は,宋代には「蘆頭に赤い毛があって鼠の尾のようで,根が
1本で長いものがよい」とされていました。この記載は現在の中国産の野
生品によく一致します。また一色は「鼠の尾のような形をした細長い根で,
皮が赤黒色,内部が淡褐色で,味の苦い,かすかに良い香気のあるもの
がよろしい。其の他なるべく分岐していない真っ直な根で,内部の色の淡
い朽ちていない太いものを選ばねばならない。油臭いものや痩せた小さい
ものはよくない」としています。従来,日本産の柴胡は潤いがあって良質品
であると言われてきましたが,最近はほとんどが栽培品で,根はよく分岐
し外面黄褐色で,古来良品とされてきた形態には合致しなくなっています。

 柴胡剤としては,小柴胡湯,大柴胡湯などが有名で,わが国では近年
これら柴胡剤が,治療困難な肝臓病に多用され始めたことから柴胡の
需要が急増し,年々輸入量が増えています。現在では主に中国から輸入
され,野生品が主流ですが,産地によって,太さ,木質の度合い,色,香
りなどにずいぶんとバラツキがあります。おそらく先に書いたような原植物
の違いによるものと思われますが,輸入時の選品に苦労しています。

 また,日本や韓国では柴胡の栽培が盛んですが,柴胡の栽培研究は
1955年に始まったばかりでその歴史は新しく,まだ確たる方法は開発さ
れていないようです。一般には野生品の方が良品とされますが,栽培品
の品質も一定しておらず,硬くて潤いの少ないものがある一方,3年ほど
栽培したものでは外見は野生品より太くて充実していますし,またエキス
含量が野生品より多いものもあります。現在も摘芯効果や土壌の選択
など盛んに研究が行われ,また野生品と栽培品の薬効的な善し悪しに
ついても種々論議されていますが,これらの結論を得るには今少し時間
がかかりそうです。

 ところで,中国では古くから柴胡は銀州産のものが最良品であるとさ
れてきました。図経本草(宋代)に「銀州の物が勝る」と記載され,その
付図から当時の銀州産柴胡がセリ科植物であったことは疑いないよう
です。ところが,銀州柴胡は明・清時代に「銀柴胡」と名称を変え,ナデ
シコ科植物の根が用いられるようになり,柴胡とは薬効も異なった別の
薬物として独立したようです。「銀州柴胡」と今日の「銀柴胡」を混同しな
いように注意する必要があります。

(神農子 記)