ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【ボクソク(樸樕)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【ボクソク(樸樕)】  平成25年11月10日号より

基源:ブナ科(Fagaceae)のクヌギQuercusacutissima Carruthers,コナラQ. serrata Murray,ミズナラQ.mongolica Fischer ex Ledebour var. crispula Ohashi又はアベマキQ.variabilis Blumeの樹皮

 大伴家持は「紅はうつろふものそ橡のなれにし衣になほ及かめやも」と歌い、退色しやすい紅の衣を遊行女婦、橡の慣れ親しんだ衣を妻に例え、部下の浮気を戒めました。この橡(つるばみ)はクヌギと考えられています。鉄を媒染剤にしてクヌギ染めをすると黒・紺黒に染まるそうですが、当時庶民の着物は橡を用いて染めたものが主流だったようです。

 ブナ科は世界に7属、約900種の木本植物が分類され、被子植物のうちで最も原始的なグループの一つと考えられています。日本には5属、約19種が自生し、ボクソクに用いられるコナラ属(Quercus)の他に、クリ属(Castanea)、シイ属(Castanopsis)、ブナ属(Fagus)、マテバシイ属(Lithocarpus)に分類されます。このうち、所謂「団栗」を作るのはコナラ属、シイ属、マテバシイ属です。コナラ属には15種(諸説あり)が分類され、落葉性のものは「なら」,常緑性のものは「かし」と呼ばれています。ボクソクの原植物はすべて落葉性です。

 クヌギとアベマキは非常によく似ていますが、アベマキのほうが樹皮のコルク層が発達しており、葉の裏に毛が密生して光沢の無い灰白色に見えることで区別ができます。アベマキは西日本の温暖地域に自生しクヌギは比較的寒い地域に自生するようですが、共に薪炭材やシイタケのほだ木などの目的で全国各地の里山に植樹されました。その結果、両者の交雑したアベクヌギと呼ばれる個体が生育しているようです。また、ミズナラはコナラよりも標高の高い乾燥した場所を好むようですが、こちらも両者が共に生育する場所では交雑種のミズコナラが認められるようです。

 コナラ属でボクソク原植物以外の薬用植物には、ウラジロガシQ. salicina Blumeがあります。ウラジロガシの葉及び小枝は日本固有の民間薬であり、近代徳島県においてシラカシ名で使われるようになったものです。民間薬とはいえ、効果が科学的に証明され、現在でも繁用されてウラジロガシエキスを主成分とする医薬品も開発されています。中国ではカシワQ. dentata Thunb.の樹皮をコクヒ(槲皮)の名で用います。

 ボクソクが配合される処方には十味敗毒湯や治打撲一方があります。十味敗毒湯は華岡青洲の瘍科方筌に初めて見られます。ただし、この時はボクソクではなくオウジョ(桜筎)を用いています。オウジョは、バラ科ヤマザクラPrunus jamasakura Siebold ex Koidz.などの周皮をのぞいた樹皮であり、現在ではオウヒ(桜皮)の名で用いられています。一方、浅田宗伯は勿誤薬室方函の中で青洲の開発した十味敗毒湯のオウヒをボクソクに入れ替えました。現在販売されている十味敗毒湯にはオウヒを用いたものとボクソクを用いたものの両方が認められます。

 ボクソクは多量のタンニンを含み、収斂・解毒の効能があります。また浅田宗伯は治打撲一方の主薬は萍蓬(川骨)とボクソクであるとし、ボクソクは骨が疼くような痛みを解消する効能があるとしています。この効能は一般的なタンニンの効能だけでは説明が難しく、ボクソクの薬効を解明するヒントが隠されているかも知れません。

 ところで、ボクソクの別名としてドコッピ(土骨皮)がありますが、これは日本独自の名称と考えられています。一方、現在の中国の「土骨皮」はクマツヅラ科(最新の分類ではシソ科)白花灯籠Clerodendrumfortunatum L.の根あるいは根皮であり、清熱解毒薬として用いられます。この植物はクサギC.trichotomum Thunb.の同属植物であり、日本のドコッピ(ボクソク)の原植物であるコナラ属植物とは似ても似付きません。

 ボクソクは日本独特の生薬であり、生薬の自給率が12%まで低下している中で、年間およそ1万トンの需要のすべてが国内産でまかなわれています。日本の里山にはクヌギやコナラが豊富にありますが、最近では薪炭の需要が減ってそれらの樹木は伐採による世代交代(樹木更新)ができずにいます。里山保全の観点からもボクソクの使用は意義があり,需要増大のために更なる薬効の解析も望まれます。

 

(神農子 記)