ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【萊菔子(ライフクシ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【萊菔子(ライフクシ)】  平成21年11月15日号より

基源:ダイコン Raphanus sativus L.(アブラナ科 Curciferae)の成熟種子

 根を食用にするダイコンRaphanus sativus L. は,通常秋に種子を蒔き,冬場に収穫します。収穫せずに放置すると,葉は緑色のまま枯れずに冬を越し,春には薹(とう)が立ち,先端に白色あるいは薄紫色の花をつけ,やがて結実します。果実(さや)は細長く,長さ5cm程度でくびれがあり,膨らんだ部分に種子がはいっています。種子は赤褐色でやや扁平で,これを「萊菔子」と称して薬用にします。

 栽培種のダイコンは地中海沿岸地方あるいは中近東で野生種から根の肥大するものが選ばれて作り出され,これらの地方から西アジア,中国へと伝わり,日本へは朝鮮半島を経てもたらされたといわれています。ダイコンの属名Raphanusは,ギリシア語の「raphanos(早くわれる)」に由来しており,また,漢名の「萊菔」やその別名「蘆菔(ろふく)」,「蘿蔔(らふく)」なども「raphanos」に由来すると解されています。なお,日本における現在の名称「だいこん」は,古名「おおね」に「大根」の字をあて,音読みしたものです。

 ダイコンは,世界各地にさまざまな品種があり,日本でも古くから京都の聖護院ダイコンや鹿児島の桜島ダイコンなどと,各地で特徴のある品種が作り出されてきました。大型になる桜島ダイコンでは重さ10数kgとなり,ときには40kgに達することもあります。また守口ダイコンは長さ世界一で知られ,1〜1.5メートル以上になります。味では辛味の強い辛味ダイコンがあり,ソバを食する時などに使われます。現在,青果用の品種としては主に青首ダイコンが栽培されています。

 「萊菔」は「蘆菔」の別名として,『名医別録』に「蕪菁」すなわちカブと共に収載されています。その後,『新修本草』で「萊菔根。味辛,温,無毒。散にして服用するか,炮煮して食べれば,大いに気を下し,穀を消し,痰癖を去り,人を肥健にする。生のつき汁を服用すれば消渇をつかさどる」と記されたように,当初は主として根が薬用にされていました。種子の薬用が初めて記載されたのは『日華子諸家本草』で,「萊菔子は,水ですって用いれば風痰を吐く。酢ですって用いれば腫毒を消す」とあります。『本草綱目』には,根,葉,種子に関する記載がみられ,「萊菔子」について,李時珍は「生のものはよく昇らせ,熟すればよく降ろし,昇れば風痰を吐かせ,風寒を散らし,瘡疹を発し,降りれば痰喘咳嗽を定め,下痢後重を調え,内痛を止める。いずれも気を利す効果であって,私はかつてこれを用いて著しい成績を挙げた」と述べ,痰気喘息,風痰,風寒などに対する附方を紹介しています。様々な部位が薬用にされてきましたが,現在の『中華人民共和国薬典』には種子のみが「萊菔子」として収載され,消化不良,腹痛,下痢,咳嗽,痰が多いときなどに用いています。

 ダイコンは日本の民間療法でもよく使われ,種子は腹痛にそのまま粉にして飲んだり,咳込むときに炒って粉にしたり,煎じて飲みます。根も多く薬用にされ,とくに大根おろしは内服薬として感冒,麺類の食べ過ぎ,二日酔い,胸やけなどに利用され,また外用薬として肩こり,打身,腫物,火傷,しもやけなどの患部に貼り,日射病には背中や足の裏に塗りつけるなどの療法があります。また,咳に薄切り大根を水飴に漬けた汁を飲む療法もよく知られ,これら以外にも餅などがのどにつかえたときに絞り汁を飲む,歯痛に大根おろしを布に包んでふくむ,鼻血におろし汁を布にひたして栓をするなど,多くの利用法があります。また,ダイコンの葉を乾したものを干葉(ひば)といい,5株分ほどの干葉を水でよく煮て浴槽に入れた干葉湯に浸かると体がよく温まり,痔,神経痛,腰痛,冷え症,婦人病などに効果があるとされています。また,生葉は熱さましに額に貼ったり,虫下しに煎じて飲んだりします。

 ダイコンは,李時珍が「根,葉いずれも,生でもよく,煮てもよく,漬け物にするのもよい。野菜の中で最も利益があるものだ」と述べています。冬は体調を崩し易い季節ですが,この時期に旬を迎えて美味しくなるダイコンを積極的に食事にとり入れて,健康維持に役立てたいと思います。

(神農子 記)