ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【シンキク(神麴)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【シンキク(神麴)】  平成25年4月10日号より

基源:中国では小麦粉や米の麸(フスマ)に赤小豆粉,杏仁泥,青蒿,蒼耳,野辣蓼を混合して発酵させたもの,日本ではコメを蒸して酵母菌により発酵させた麴(コウジ).

 麴(コウジ)は日本酒や味噌,漬け物などの発酵食品を作る際に用いられるもので,コウジカビを繁殖させたものです.麴を薬用目的専用に開発されたのが「神麴(シンキク)」です.「神麴」という名称について李時珍は「蓋し諸神聚合の日にこれを造るという意味で神なる名称を冠したのだ」と記載しています.中国製は方形の塊状で,幅は約3センチ,厚さ約1センチ,表面はざらついています.質は堅くてもろく,断面は発酵時の空洞が多数見られます.日本製は乳白色の円板状又は不定塊状です.いずれも年月を経たもの,虫食いのないものを良品とします.

 神麴の製造法は賈思勰の『齊民要術』に詳しく記載されていますが,あまりにも煩雑であったので明代頃には簡便な方法に変わっています.『水雲録』には「五月五日,或は六月六日,或は三伏の日に,白麪百斤,青蒿(キク科クソニンジン)の自然汁三升,赤小豆末,杏仁泥各三升,蒼耳(キク科オナモミ)の自然汁,野蓼(タデ科Polygonum 属植物)の自然汁各三升を用いて,それぞれを白虎,青龍,朱雀,玄武,勾陳(コウチン),螣蛇(チンジャ)の六神に配し,その汁でその麪,豆,杏仁を和して餅にし,麻葉,或は楮葉で包罨(ホウアン)して醤黄を造る法のようにし,黄衣の生ずるを待って晒して取収める」と記載されています.現在の中国の製造法は小麦粉60斤に米の麸(フスマ)100斤を混ぜ,新鮮な青蒿,蒼耳,野辣蓼(タデ科Polygonum chinense var. hispidum)を細断したもの各12斤を混合し,さらに赤小豆末,皮去り杏仁末各6斤を加え,水を適量入れ団子状にねり,厚さ1センチの平板状にして稲藁あるいは麻袋をかけて一定時間発酵させます(夏は2〜3日,冬は4〜5日).表面に黄色の菌糸が長くのびてきた頃に取り出して乾燥させ,3センチ四方に切ったものが神麴となります.福建省産のものが有名で建麴とも称されています.一方,日本製はコメを蒸して,酵母菌により発酵させたものです.

 薬効としては,滋養,消化,止瀉薬として消化不良,下痢,食欲不振などに応用されています.神麴が初めて記載された『薬性論』では「神麯(麴),水穀の宿食,気結,積滞を化し,脾を健やかにし,胃を暖にする」とあります.『本草綱目』では「食を消し,気を下し,痰逆,霍乱,泄痢,脹満の諸疾を除く.その功は麴と同じ.閃挫(センザ;ぎっくり腰),腰痛には,焼いて酒に浸して温服すれば効がある.婦人産後に乳を回さんとする(乳の分泌の中断を欲する場合)には,炒って研り,一日二回,二銭ずつを酒で服する.直ちに止んで甚だ効験がある」とあり,また『啓微集』には「神麴は目病を治す.生で用いれば能くその生気を発し,熟して用いれば能くその暴気を斂める」とあり,多くの薬効があるとともに焼く、炒るなどの加工もされることが記載されています.

 実際の処方例ですが,脾胃ともに虚で,水穀を消化できず,胸膈のつかえに悶え,腹脇が時々脹る症状が長年続き,飲食の量が減って床に臥したがり,口は苦くて味を感じず,やせ衰えて無気力なものの治療には消食丸として使用されます.消食丸は,核を去り焙って乾かした烏梅4両,強火で焙った乾姜4両,黄色くなるまで焙った小麦蘗3両,ついて粉末にして炒った神麴6両2銭を粉末にし,煉蜜とよく混ぜ合わせ,梧桐子大の丸剤にしたものです.これを1回15〜20丸を重湯で1日2回服用します.また,産後の冷痢で,臍下に㽲痛(キュウツウ;こわばり)があるものの治療には神麴散として使用されます.神麴散は黄色くなるまでわずかに炒った神麴3両,熟乾地黄2両,白朮1両半を細かくつき,ふるいにかけて散剤にしたものです.1回2銭を粥で1日3〜4回服用します.なお,神麴は発酵作用によって消化機能を促進しますが,『神農本草経疏』には「脾が陰虚,胃火の盛んな者は用いてはならない.流産させる恐れがあるので,妊婦は少なめに食せねばならない」とあります.

 微生物の働きを利用して作られる発酵食品は我々の食生活に欠かせないものになっていますが,神麴などのように薬用に利用されているものもあるのです.

 

(神農子 記)