ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【ボウショウ(芒硝)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【ボウショウ(芒硝)】  平成25年5月10日号より

基源: 主に天然の含水硫酸ナトリウム,無水硫酸ナトリウムからなる鉱物.あるいは,主に含水硫酸マグネシウムからなる鉱物.

 芒硝と聞くと温泉を思い浮かべる方がいるかもしれません.以前は硫酸ナトリウムを多く含む温泉のことを芒硝泉と呼んでいました.現在の分類ではナトリウム硫酸塩泉と呼ばれます.高血圧の人は,芒硝泉への入浴により血圧降下が認められるようです.

 正倉院には,聖武天皇の遺愛品の他に多くの生薬が献納されています.共に保管された「奉 盧舎那仏種々薬」(盧舎那仏に奉る種々薬)と文頭に記された献物帳(種々薬帳)には60種の薬物の名前と量が記されており,病に苦しむ民に対して用いても良いと記載されています.実際に多くの薬物が用いられ,現在では大幅に量が少なくなったものや,亡失しているものもあります.鉱物性生薬である芒硝も種々薬帳に記載されており,その基源についての調査が行われてきました.現代では芒硝は含水硫酸ナトリウムのことを指しますが,昭和23年から26年にかけて行われた正倉院薬物の大規模な科学的調査において,正倉院所蔵の「芒消」は硫酸マグネシウムを主成分とすることが明らかになりました.

 芒硝は『名医別録』に初見し,以後,様々な本草書において「芒消」の名で収載されています.また,類似生薬に朴硝があり,これも「朴消」の名で『神農本草経』以降様々な本草書に記載が認められます.正倉院薬物の調査結果から考えると,唐代には含水硫酸マグネシウムを主成分とする「芒硝」が用いられていたと言えるでしょう.

 ところが,李時珍は『本草綱目』で「陶弘景及唐宋諸人皆知諸消是一物但有精粗之異」,すなわち,芒消や朴消などは,精製度に違いはあれども同じものだと述べています.これ以降,芒硝と朴硝の混同が認められます.では,日本ではいつから含水硫酸ナトリウムが芒硝と呼ばれるようになったのでしょうか.益富寿之助博士によると,グラウバー塩(含水硫酸ナトリウム)が舶来した際,中国由来の「芒硝」と同等であったため,宇田川榕菴がこれを「芒硝」とし,名称が定着したとのことです.ちなみに,含水硫酸マグネシウムは「瀉利塩」と呼ばれています.ナトリウム塩,マグネシウム塩ともに同様の瀉下作用を示すため,問題はなかったのかもしれません.

 芒硝の性味は鹹・苦,寒であり,瀉熱通便,潤燥軟堅の効があるとされます.主成分である硫酸ナトリウムあるいは硫酸マグネシウムは腸管においてほとんど吸収されないため,腸管内への水移行が促進し,便を軟らかくすることにより通便作用を示すと考えられています.人間だけでなく馬に対しても便秘の際に用いられるそうです.ところで,調胃承気湯,防風通聖散,大黄牡丹皮湯などで見られるように、芒硝はしばしば大黄とともに用いられます.健胃薬として知られる大黄ですが,芒硝と共に配剤された場合は,芒硝によりもたらされた軟便を押し流す瀉下作用を期待して用いられていた可能性が示唆されています.一方,大黄と芒硝を共煎すると瀉下活性成分であるセンノシド類の煎液中の濃度が低下しますが,芒硝を煎出の後期に加えることによりこれらの成分の濃度低下を防ぐことができます.

 含水硫酸ナトリウムは風解を起こすことが知られています.結晶を空気中に放置すると,やがて水和水を放出し白色の粉末が残ります.この白色粉末を主成分とする生薬が風化硝です.一方,無水硫酸ナトリウムを高い湿度のもとで保管すると,水和が起こり含水硫酸ナトリウムへと変わります.このような風解と水和のサイクルは硫酸マグネシウムでは起こらないようです.正倉院薬物の調査では,この性質の違いが新事実発見のきっかけになったようです.

 正倉院で1200年以上も昔の生薬が現存しているのはどれだけ貴重なことでしょう.作用の良く似た2種の「芒硝」ですが,使い分けが必要か否か,今少し論議が必要かもしれません.

 

(神農子 記)