ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【ロホウボウ(露蜂房)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【ロホウボウ(露蜂房)】  平成23年11月15日号より

基源:スズメバチ科(Vespidae)のアシナガバチ亜科(Polistinae)のキボシアシナガバチ Polistes mandarinus Saussureあるいはスズメバチ亜科(Vespinae)のオオスズメバチ Vespa mandarinia Smithなどの昆虫の巣

 毎年夏の終わりから秋にかけて、ヒトがスズメバチに襲われるニュースを耳にします。ハチは自分たちの城である巣とその中にかかえている無数の卵や幼虫を守ろうとして攻撃しているのです。スズメバチは一つの巣の中で集団となって生活を営み、アシナガバチやミツバチの仲間も同様です。これらは社会性ハチともよばれ、基本的には、卵を産む女王蜂一匹あるいは数匹と、女王蜂の産んだ子供を育てるだけの役割をもつ多数の働き蜂とで構成されています。スズメバチでは、巣作りは春に一匹の女王蜂によって開始され、初夏に働き蜂が羽化しはじめ、夏から秋にかけて巣の個体数が最大になり、その頃になると、次世代を担う新女王蜂と雄蜂の幼虫が育てられます。秋は働き蜂の個体数が多く、次世代を担う幼虫をかかえて最も神経質になる時期でもあるため、外敵に対しても攻撃的になるのです。

 スズメバチ(スズメバチ亜科)は巣を、地面の穴や人家の隙間など閉鎖的な場所につくり、集団が大きくなり巣が狭くなった時などに、改めて人家の軒先などに巣をつくりなおすこともあります。枯れ木などを咬みくだいて細かくし、唾液と混ぜて練ったものを薄く延ばして巣をつくります。巣は六角柱状の小さな部屋(育房)が下向きに円板状に多数並んだ巣盤からなります。初期の巣では巣盤は一層ですが、最終的には10層以上になることもあり、巣内の個体数も数千匹に達します。巣盤の各層は支柱によって連結され、全体はすっぽりと外被で覆われます。アシナガバチ(アシナガバチ亜科)の巣は、基本的な構造はスズメバチと似ていますが、巣盤は一層のみで、一本の柄で木の枝などに固定されています。材料には、スズメバチのようなもろい木質繊維の細片ではなく、長い靭皮繊維を使い、耐久性が優れた巣をつくります。また、スズメバチのような巣盤を覆う外被は存在しません。ミツバチの巣も六角柱状の育房が多数つながった構造ですが、巣盤は水平ではなく垂直方向につくられます。またミツバチの体内でつくられた蜜?を主な材料としています。

 生薬「露蜂房」は、『神農本草経』の中品に「味苦平。驚癇瘛瘲、寒熱邪気、癲疾、鬼精、蟲毒、腸痔をつかさどる。火で熬るがよし」と収載されます。『新修本草』に「この蜂房は樹上に懸けられ風や露に当たったものを用いる。この蜂は黄黒色、長さ一寸ほどで、牛、馬、人がさされると死ぬほどである」とあり、また『本草衍義』に「露蜂房に二種ある。一種は小さく、垂れ下り、片側は房であり、低木の茂った蔭にあり、一般に牛舌蜂という。一種は高い木の上や屋下にあり、外側を固くつくり、中に窠があり、形状が瓠のようなところから、玄瓠蜂とよばれる。一般にこの両者を兼用している」とあり、薬用には風露にさらされた巣を用いるのがよく、また、牛舌蜂はアシナガバチ亜科、玄瓠蜂はスズメバチ亜科の巣を指していると思われます。現代では、中国では主にアシナガバチ亜科の巣を用いています。スズメバチの巣は、泥が多く、木質であることから品質が悪いとされています。一方、日本では、露蜂房は主に民間療法で使われ、スズメバチの巣を用いるのがよいとされてきました。スズメバチは他の昆虫と比較して体が強くて大きく、巨大な巣をつくるため、スズメバチの巣は縁起がよいものとして大切にする風習が日本各地に残っています。スズメバチの巣を好んで薬用に用いてきた理由にはこのような風習が関わっているのかもしれません。

 日本の民間療法では、「化膿性の腫れや痛みに、半分は生のままで、半分は炒って混合粉末として服用する。虫刺されに、粉末を水または胡麻油で練って貼る。粉末を蜂蜜で練って飲むと強壮剤となり、乳汁不足、麻痺などに効果がある。黒焼きの粉末を酒や甘酒で服用すると、乳汁不足、夜尿症、腎臓病などに効果がある。火傷、とびひには黒焼きの粉末を胡麻油で練って外用する」などの用い方が知られており、黒焼きとして用いることが多いのが特徴です。

 ハチは人間を刺すことから、怖い害虫という印象があります。実際に、日本で、野生動物による死亡事故が最も多いのは、スズメバチによるものです。一方で、ハチは、農業では害虫の天敵となり、花粉の媒介を行うなど重要な役割を果たし、また蜂蜜などの産物をもたらしてくれる益虫でもあります。私たちの先祖は、ハチの性質をよく観察して理解し、上手につきあってきました。時代がすすむにつれ、生活様式はますます変化していきますが、これまでに人間が貯えてきた野生動物とともに暮らしていくための知恵を学び後世に伝えていくことも大切でしょう。

 

(神農子 記)