ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【カッコウ(藿香)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【カッコウ(藿香)】  平成27年7月10日号より

基源:シソ科(Labiatae)のパチョリ Pogostemon cablin Benth. の地上部

 カッコウ(藿香)は藿香正気散、香砂平胃散などの漢方処方に配合される祛暑薬です。祛暑薬とは字義のごとく暑邪を除去する薬物で、藿香正気散はよく夏カゼに応用されます。

 藿香の原植物は古来、一般に広藿香と呼ばれるパチョリPogostemon cablinに由来するものと、土藿香と呼ばれるカワミドリ Agastache rugosa O. Kuntzeに由来する2種がありました。共に良い香りがあるシソ科の植物です。

 パチョリはインド原産の多年草で、高さ 30~80 cm、葉は卵型~卵形長楕円形で長さ 8~10 cm、波状の鋸歯があります。茎は方形で、髄は大きく類白色で海綿状を呈します。全草に強い香りがあり、精油を約1.5%含み、シソ科植物の中では最も香りが強い植物として知られています。原産地では古くから衣服の香料や浴湯料に用いるほか、薬用として解熱、鎮痛、喘息や消化器疾患の治療に用いられてきました。パチョリの名もタミール語に起源します。現在市場に流通している藿香の多くはこのパチョリに由来しています。

 一方のカワミドリは日本にも自生し、北海道から九州、また朝鮮半島、中国、ロシアの極東地方に分布する多年草です。全体に強い香りがあり、茎はよく枝分かれし、高さ約1 mになります。卵形の葉は長さ 5~10 cm で、長さ 1~4 cm の葉柄があります。

 『南州異物志』には「藿香は海辺の国に産し、形は都梁の如く。衣服の中に著く可し」とあり、藿香は南方のものであることを示しています。また、宋代の蘇頌は「嶺南に多く、人家で多く栽培する。二月に苗を生じ、茎梗が甚だ密生して叢となる。葉は桑に似て小さく薄い。六月、七月に採り、黄色になるのを待って取り収める」と記録し、このものはパチョリで矛盾がないようです。一方、明代の李時珍は「藿香は四角で節があり、中が虚ろだ。葉は微しく茄葉に似ている。潔古、東垣はその葉のみを用いて枝梗は用いなかった」と記しており、この李時珍が記載した藿香は茎が中空であるとする点からカワミドリであったようです。この混乱は我が国にも伝えられたようで、『重訂本草綱目啓蒙』に「藿香、舶来に二品あり。青葉と呼ぶもの真物なり。和産なし。葉大にして厚く毛茸あり、五つ許刻缺ありて辺に鋸歯あり、両対して生じ、香気あり。古は惟其葉を用ひ、枝梗を用ひず。・・・又埋藿香と呼ぶものは土藿香とも云、舶来の偽物なり。これ即排草の葉にして藿香に非ず。本邦にても製す。詳に排草の下に辨ず併考すべし。本経逢原に以排草葉偽充と云、唐山にて排草を偽り代用るにより家にも栽、故に本草彙言に説ところ藿香の形状は排草なり。因て先年唐山よりもカワミドリを藿香と称して苗を渡せしことあり。然ども生の時は香気あり、乾かば香気なし。其形状亦舶来の青葉藿香と異なり、是藿香の偽物にして実は排草香なり」とあり、パチョリに由来する藿香は青葉藿香と称されて真の藿香であり、カワミドリに由来する藿香は埋藿香、土藿香などと称され偽物であると説明されています。

 以上、中国でも古来原植物が混乱し、パチョリに由来する広藿香がカワミドリに由来する土藿香よりも優れているとされていたようですが、パチョリは南方に産するもので北方では育たなかったため、類似したカワミドリが代用されたものと考えられます。日本全国の薬用植物園でも藿香の原植物として一般にカワミドリが展示されています。パチョリとカワミドリは含有する精油成分も異なっています。科学的な解析を通して、真に代用可能であるか否かの検証が待たれます。

 

(神農子 記)