ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【覆盆子(フクボンシ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【覆盆子(フクボンシ)】  平成19年04月15日号より

基源:ゴショイチゴRubus chingii Hu (バラ科Rosaceae)の未成熟集合果を乾燥したもの。

 覆盆子は『名医別録』の上品に「味甘平,無毒。気を益し,身を軽くし,髪を白くしない。五月に採集する」と収載されています。現代中医学では収渋薬に分類され,益腎固精,益腎縮尿や肝腎不足による視力減退を目的に用いられます。原植物として,『中華人民共和国薬典』ではバラ科キイチゴ属のRubus chingii Huが規定され,主に浙江,福建,湖北でこの未熟集合果が採集されていますが,陝西,四川ではトックリイチゴRubus coreanus Miq. も利用されるようです。また,韓国では主としてクマイチゴR. crataegifolius Bungeの未熟集合果が利用され,地方的にはトックリイチゴR. coreanus Miq. なども,強壮,老化防止薬として利用されています。ゴショイチゴに由来するものは円錐形〜球形を呈し,表面は黄緑色あるいは淡褐色で,上部は鈍円,底部は扁平,形が整い,大型のものが良品です。

 覆盆子は『名医別録』収載品ですが,『神農本草経』の上品に「蓬蘽」という生薬が収載されていて,「味は酸鹹平。五臓を安んじ精気を益し,陰を長じ志を堅強にし,力を倍にし,子を有する。久しく服すると身を軽くし老いることがない。一名覆盆」とあり,このものは覆盆子原植物の茎か根であったと考えられています。蓬蘽にはやはり強壮剤としての効能があるとされ,同じ木の未熟集合果には渋味があるため,強壮に加えて収渋薬として別に利用されたことが考えられますが,蓬蘽と覆盆子の原植物は別であるとする説もあり,詳細は不明です。

 覆盆子の名称は盆を転覆させたという意味で,盆の上にものを乗せたままの形でひっくり返した様子を言ったもので,これは懸垂して付く実の萼を盆に見立てて形容したものに違いありません。キイチゴの仲間は数多くありますが,概ねみな同じような実を付けます。

 キイチゴの仲間はヨーロッパではラズベリーの名前で知られ,生食のほかジャムにして食されます。ジャムの色はイチゴジャムに似ていますが,プチプチとする感触の堅いタネが入っている点が特徴的です。種子をよく見ると半月型をしていて,これは日本のキイチゴ類のものと同じです。最近では園芸店でもラズベリーの苗が売られていて,しばしば人家で立派に育っているのを見かけますが,完熟した実が樹にたくさん残っているところを見ると,ヨーロッパのようには食用に利用されていないようです。赤く熟す種類や黒く熟す種類などがあります。日本の野生種でもクマイチゴは赤く熟し,食べて美味しいモミジイチゴやカジイチゴはオレンジ色に熟します。

 ところで,いわゆる「野いちご」とは何を指しているのでしょうか。野にあるイチゴですからヘビイチゴ(蛇苺)だと思っている人も多いようですが,ご存知のようにヘビイチゴの実は毒にはなりませんが食用には不向きです。摘んで食べる野いちごの原植物だとは考えられません。植物学的にも Duchesnea属で属が異なります。中国ではヤブヘビイチゴの全草を蛇苺の名称で薬用にします。一方,食用にされるイチゴはFragaria属植物で,熟した実には独特の香りがあります。おそらくヨーロッパにおける野いちごはこのFragaria属の野生種だと考えられます。日本には本属の野生品としてノウゴイチゴなどがありますが,高山帯に生える種で,一般的ではありません。とすると,野いちごは背が低くて草のように見えるキイチゴの仲間ではなかったかと思われます。クサイチゴやバライチゴがその代表種でしょうか。実際,クサイチゴの実は美味しく食べられます。もちろん,先述のモミジイチゴのように背が高いキイチゴ属植物であった可能性もあります。

 いずれにせよ,キイチゴの仲間はヨーロッパでは広く栽培利用されているのですが,日本ではそのようなことがありません。薬用,食用にもっと利用されても良い植物だと思われます。高齢者の強壮薬であるとすれば,さらなる利用が期待されます。

(神農子 記)