ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【山薬(サンヤク)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【山薬(サンヤク)】  平成20年12月15日号より

基源:ヤマノイモ Dioscorea japonica Thunberg 又はナガイモ D. batatas Decaisne(ヤマノイモ科 Dioscoreaceae)の周皮を除いた根茎(担根体)

 山薬の原植物であるヤマノイモとナガイモは共に,芋(担根体)が広く食用されており,日本では植物名と青果市場における芋としての通称とが混乱しています.ヤマノイモは日本の本州以南の山野に自生する植物で,その芋は「山芋(やまいも)」,「自然薯(じねんじょ)」,「自然生(じねんじょう)」などと呼ばれます.一方,ナガイモは中国から日本にもたらされた植物で,日本には自生しておらず畑で栽培されています.ナガイモにはいくつかの品種があり,細長い芋をつけるナガイモ群,掌状の芋をつけるイチョウイモ群,球状の芋をつけるツクネイモ群に大別され,それらの芋は「山芋(やまいも)」,「長芋(ながいも)」,「銀杏芋(いちょういも)」「大和芋(やまといも)」等の名称で流通しています.また,「山芋(やまいも)」あるいは「山の芋(やまのいも)」という言葉は,日本において食用とされるDioscorea属(ヤマノイモ属)植物の総称としても使われています.

 ヤマノイモはつる性の植物で,他の植物などを支えによじ登りながら生長します.葉は対生で,長い柄があり,葉身は長卵形で先は尖り,基部は心臟形になります.雌雄異株で,夏に葉腋から花序を出し,雄花序は直立し,雌花序は垂れ下がります.果実は?果(さくか)で,晩秋に薄い翼をもった扁平な種子が飛散します.また秋から冬にかけて直径1〜2センチのむかごが葉腋につきます.ナガイモの植物体の形はヤマノイモとよく似ていますが,ナガイモではつる性の茎と葉柄がともに紫色をおびることで区別することができます.薬用部位である芋は植物学的には担根体と呼ばれ,地上茎基部の節間が側方に肥大成長した,枝も葉もできない特殊な茎で,貯蔵器官としての役割もあります.ヤマノイモの芋は,地下の障害物を避けながら約1メートルも伸び,地面に近い所では細く,深い所ほど太くなります.秋から冬にかけて地上の枯れたつるを目印に掘り取りますが,長い芋を掘るのは大変な作業です.

 山薬は,『神農本草経』の上品に「薯蕷」の名で「傷中をつかさどる.虚羸を補し,寒熱邪気を除き,中を補し,気力を益し,肌肉を長じる.久しく服すれば,耳,目を聡明にし,身を軽くし,飢えず,長生きする.」と記載され,牛車腎気丸,八味地黄丸,六味丸などの処方に配合されています.現在では生薬には「山薬」という名称が用いられますが,この理由について寇宗奭は「薯蕷は,唐の代宗の名が預であったところから諱(いみな)を避けて薯薬と改め,また,宋の英宗の諱が署であったところから山薬と改めた.」と記しています.生薬としての品質や修治法について,『本草綱目』で李時珍は「薬に入れるには野生のものが勝り,食品としては栽培したものを良しとする.」と述べ,また寇宗奭の説を引用して「薬に入れるには生(なま)で乾したものを貴ぶ.故に古方にはいずれも乾山薬を用いるとある.生(なま)では性が滑であって薬に入れられず,熟して(よく熱を通して)はただ食べられるだけだからだ.」と記しています.

 『本草綱目』の主治の項で,李時珍は「腎気を益し,脾,胃を健やかにし,洩利を止め,痰涎を化し,皮,毛を潤す.」と述べるとともに,朱震亭(朱丹渓)の説「生(なま)でついて腫硬毒に貼ればよく消散する.」を示し,外用することを紹介しています.日本では,貝原益軒がこの朱丹渓の説を試し,『大和本草』に「腫テ硬キ瘡ニ,生ニテスリクダキテ付レバ消散スト丹渓云ヘリ.今試ルニ有效.婦人乳腫痛不可忍,生ナル薯蕷ヲスリクダキ付ル,其效アリ.痒ヲ忍ブベシ.」と記しています.また,『本朝食鑑』には,腫痛の他に,やけどやただれに同様に外用する方法が記されています.ヤマノイモやナガイモの芋はすりおろして食べると手や口の周りが痒くなることがあります.芋をすりおろしたものを,痒くなるにもかかわらず,患部に貼る療法を考えた先人たちには,その豊かな発想力に驚くとともに,病を治そうという強い意志を感じます.

(神農子 記)