ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【骨砕補(コツサイホ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【骨砕補(コツサイホ)】  平成29年9月10日号より

基源:ウラボシ科(Polypodiaceae)のハカマウラボシ Drynaria fortunei (Kunze) J. Smith の根茎を乾燥したもの。

 骨砕補は、その名称から類推されるように接骨、止痛のみならず外科の要薬として古くから使用されてきた薬物です。骨砕補の名称について陳蔵器は「骨砕補の本来の名は猴薑だが、開元の天子玄宗皇帝が傷折を治療して骨砕を補する能あるところから名をつけたのだ」と記しています。「胡猻薑」、「石毛薑」、「石菴䕡」など異名や異物同名品が多く存在していますが、これらは原植物の違いではなく、産地や生態、形態的特徴から名付けられたものであると考えられています。

 原植物の形態について、宋代の馬志は『開宝本草』に「骨砕補は江南に生じる。根は樹や石の上につき、毛葉があり、菴䕡のようだ」と述べ、同じく宋代の蘇頌は『図経本草』に「今淮浙、陝西、夔路の州郡に皆ある。木や石の上に生じ、多くは日陰の処にあって根を引き條を成し、上に黄赤色の毛と短葉が附き、また大葉が抽出して枝になる。葉の表面は青緑色で青黄色の点があり、裏面は青白色で赤紫の点があり、春生えた葉が冬になると乾いて黄色になる、花も実もない。根を採って薬に入れる」と述べています。これらの記載から古来薬用とされた骨砕補の原植物は明らかにウラボシ科の Drynaria 属植物であると考えられ、現在ではハカマウラボシD. fortuneiを充てています。

 ハカマウラボシは着生のシダ植物です。樹木、山林中の岩壁、塀などの表面に付着します。中国南部や台湾などに自生し、日本では沖縄県のみに自生しています。環境省レッドリストのカテゴリーでは絶滅危惧ⅠA類に分類されている希少な植物です。高さは20〜40 cmです。葉の形状は2種類あり、栄養葉は厚い革質で赤褐色あるいは灰褐色、卵形で葉柄はなく、長さ5〜6.5 cm、幅4〜5.5 cm、縁は羽状浅裂し、まるでカシワの葉のようです。もう1種類の胞子葉は緑色で、翼をもつ短い葉柄があり、葉身は菱形あるいは長楕円形、長さ20〜37 cm、幅8〜18.5 cm、羽状深裂します。羽片は6〜15対あり、広披針形あるいは長楕円形で、長さ4〜10 cm、幅1.5〜2.5 cm、先端は鋭形あるいは鈍形、縁は通常不規則なさざ波形、基部の2〜3対の羽片は縮んで耳形、両面ともに毛はなく、葉脈ははっきりとしており、細脈が連なって4〜5列に並び長方形の網目を形成しています。胞子嚢群は円形で、黄褐色、中央脈両側に各2〜4列に並び、葉脈の網の目の中に1個ずつ着生し、包膜はありません。根茎は多肉質で太く、長くかつ横走し、黄褐色で線状ないし三角状披針形の鱗片に密に覆われています。

 原形生薬は細長く扁平でねじ曲がっており、通常分枝がみられ、長さ6〜20 cm、直径0.5〜2 cm、厚さ2〜4 mm。表面は淡褐色ないし暗褐色で細かい鱗片で密に覆われています。鱗片は黄褐色ないし褐色で毛のように柔らかく、鱗片を除去する際に火で炙ったあとに残った鱗片は褐色ないし濃褐色に変わります。両側面および上面には突起した、あるいはくぼんだ円形の葉痕があり、質は堅く折れやすい。断面はほぼ平坦で、赤褐色、散在する黄白色の繊維束がほぼ環状に並びます。においはなく、味はうすく少し渋い。太く扁平なものが良品とされます。一般に中国では鱗片を除去したものを「骨砕補」、鱗片をつけたままのものを「申姜」または「猴姜」と称しています。

 骨砕補にはデンプンや糖類の他、フラボノイド、フェニルプロパノイド、テルペノイドなどが含まれており、補腎、活血、強筋骨作用を期待して、骨折や打撲、捻挫、腎虚の歯痛や耳なりなどに応用されています。処方として骨砕補、自然銅、虎脛骨、炙亀板、没薬を配合した骨砕補散などがあります。近年骨砕補に含まれるナリンジンには破骨細胞の生成抑制作用が、ナリンジンの代謝物であるナリンゲニン、ナリンゲニングルクロン酸抱合体は脳内に移行し、アルツハイマー病における記憶改善作用があると報告されています。中医学では、腎は骨を主り髄を生じ脳に通じる、と考えられており、これらの研究によって補腎薬である骨砕補が骨や脳に作用することを科学的に証明しています。

 

(神農子 記)