ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【シャチュウ(シャ虫)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【シャチュウ(シャ虫)】  平成25年1月15日号より

基源:ゴキブリ科(Blattidae)のシナゴキブリ Eupolyphaga sinensis,またはマダラゴキブリ科サツマゴキブリOpisthoplatia orientalisの雌の成虫全体を乾燥したもの.

 シャ虫はゴキブリの仲間に由来する生薬です.「ゴキブリが薬になる」と聞くと驚かれるかもしれません.しかし生薬にされるゴキブリは,私たちが真っ先に思い浮かべる台所のゴキブリと少し異なり,屋外に住む翅(ハネ)のない種類です.シナゴキブリは中国全土に分布している種で,サツマゴキブリはインド,インドネシア,中国大陸,台湾,日本南部(沖縄県,鹿児島県など)を中心に分布している種です.とはいってもやはりゴキブリの仲間ですから生薬になってもためらい感を抱かせるのに充分な外形を有しています.

 シャ虫は『神農本草経』の中品に収載されています.別名を地鼈,土鼈などといいます.陶弘景は「形態が扁平で鼈(スッポン)のようだ.それ故,土鼈と名付ける.甲があり,飛べず,小さなものは臭気のある人家にいる」といい,『新修本草』には「この者は好んで柔らかで塊のない土壌の中や,屋壁下に居るもので,状態は鼠婦(ソフ;ワラジムシ類)に似ているが,大きなものは一寸余あり,形態がやや鼈に似たものである.甲はなく,鱗がある」とあります.これらの記載から,シナゴキブリ,サツマゴキブリを指すことがわかります.ここで,「鼈(スッポン)」,「甲があり,飛べず」または「甲はなく,鱗がある」という記載は実物を見ないと分かりにくい表現です.私たちが一般に思い描くゴキブリは翅のある,飛ぶ種類です.これらはクロゴキブリやワモンゴキブリといった Periplaneta属です.一方,シナゴキブリの雌は扁平で楕円形をしていることから,正にスッポンを小さくしたもの,またワラジムシを大きくした形をしています.翅が退化した背中は「甲」にも見えますし,節に分かれていることから甲虫と比べると「甲はなく,鱗がある」という表現になります.サツマゴキブリは雌雄とも翅が退化しており,形はシナゴキブリの雌のようです.サツマゴキブリは雄(約25mm)より一回り大きい,雌(約33mm)が生薬にされます.

 生薬としてのシャ虫の大量生産は飼育によります.『原色和漢薬百科図鑑』には「深い木箱または素焼きのかめの中に,柔らかい土を敷いて飼育する.飼料は,蔬菜の根,茎,葉,果皮または米,飯,甘藷,桑,ユーカリの葉でもよいが,糠屑か麸が最もよく,3,4日毎に与える.土は乾燥し過ぎない様に,時どき少量の水を噴霧する.しかし虫は多くの排泄をするので,容器の底には穴をあけ,過失にならぬよう注意する.日光の直射を避け,湿度の高い涼しい所に置く.冬季は土が凍らぬよう防寒の処置をしなければならない」と飼育方法が記載されています.天然品のシャ虫についても捕獲方法の記載があり,先の文章に続けて「夏の最も暑い時期に,油屋,麹屋,豆腐屋のかまどの下の,柔らかい土の中や,糠や麸(ふすま)の積もった下,または陰湿な垣根のそばの柔らかい土を小鋤で掘る.夜なら電灯の光で捕らえる.誘殺には麸を炒って食用油を加えたものを用いる」とあります.さらに「捕捉したシャ虫は熱湯で殺した後,日光に晒すか,または塩水で煮た後,日光か風にさらして乾燥する.修治に際しては,泥や砂を除き,日光で乾燥してから炒る.火であぶり過ぎ,焦げたものは良くない.充分乾燥し,体は小さく,よく肥えて紅褐色を呈し,腹中に泥土が少なく,軽くて破砕していないものを佳品とする」と,乾燥法,修治法についても記載されています.

 シャ虫の薬効については『本草綱目』に「産後の血積,負傷時の瘀血を去らしめ,舌下の膿腫,鵝口瘡(ガコウソウ;カンジダ菌感染による口腔内の白斑),小児の腹痛,夜啼(夜泣き)を治す」とあるように,駆瘀血作用があります.現在でも駆瘀血薬として通経目的で使用される他,鎮痛薬として口内炎や乳汁不通にも使用されるようです.

 大黄シャ虫丸という駆瘀血作用の優れた処方があります.構成生薬には大黄,シャ虫の他,虻虫(ボウチュウ;アブの成虫全体を乾燥したもの),蠐螬(セイソウ;チョウセンクロコガネなどの幼虫を乾燥したもの),水蛭(チスイヒルなどを乾燥したもの)などがあります.構成生薬を知らずに服用したほうがよい?と思う処方のひとつでしょうか.

 

(神農子 記)