ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【槐角と槐花(カイカクとカイカ)】
掲載順
平成31年30年29年28年
27年26年25年24年23年
22年21年20年19年18年
17年16年15年14年13年
12年11年10年9年8年
7年6年5年4年3年
平成31年 (2019年)上に戻る▲
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
7月セイタイ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【槐角と槐花(カイカクとカイカ)】  平成31年1月10日号より

基源:マメ科(Leguminosae)のエンジュ Styphonolobium japonicum (L.) Schott (= Sophora japonica L.)の成熟果実(槐角)及び花蕾(槐花)

 日本にはイヌエンジュ、ハナエンジュ、ハリエンジュなど、エンジュの名を冠した植物が多数あります。エンジュは古い時代に日本にもたらされた植物で、種小名にはjaponica(日本の)とついていますが、もともとは中国北部の原産です。古くは恵爾須(えにす)と呼ばれ、これがエンジュに転訛したとされています。エンジュは重要な蜜源植物であり、また若葉は茹でると食べられ、茶の代用にも利用されてきました。豆果からは繊維を黄色に染める染料が得られる他、抽出物をアヘンの増量剤に用いていたとされています。中国では尊貴の樹といわれていますが、日本でも「延寿」に通じることから、めでたい木とされてきました。公害に強いため街路樹として植栽されている他、庭木としても好まれます。

 エンジュは高さ25メートルにもなる落葉高木で、葉は奇数羽状複葉で互生し、長さ15〜25cm。葉柄は基部がふくらんでおり、小葉は7-15枚、卵状長楕円形か卵状披針形、長さ2.5-5cm、幅1.5-2.6cm。円錐花序は頂生し、花は乳白色の蝶形花で長さ約1.5cm。萼は鐘形で5浅裂しています。開花期は7-8月、結実期は10-11月。

 薬用としては『神農本草経』の上品に「槐実」の原名で今の槐角が収載されています。『名医別録』には枝、皮、根の薬効をあげ、さらに『嘉祐本草』には「槐膠」および「槐花」の薬効を述べています。明代の李時珍は、「按ずるに、周禮の外朝の法に”三槐に面し三公これに位す”とあり、呉澄の註に”槐の意味は懐であって、人を此に懐き来すのである”とある。王安石の釈には”槐は黄中にその美を懐く。故に三公これに位する”とある」といっています。これらのうち、現在薬用として主に使用されているものは「槐角」と「槐花」のみです。

 槐角は円柱形で湾曲しておりサヤエンドウのような形をしています。種子と種子の間は萎縮し連珠様になっており、長さは1-6cm、直径は0.6-1cm。表面は黄緑色、褐色から黒褐色で、一方の背縫先は黄色。基部には常に果柄があり、果肉の質は柔らかく粘りけがあり、乾燥するとしわが寄る。においは微弱で砂糖を焦がしたような香りがします。味はやや苦く、中に1-6個の種子があります。種子は腎臓形で表面は光沢があり、褐色から黒褐色。種皮は革質で、子葉は2枚、黄緑色でかむと豆の生臭いにおいがします。大きくて長く、黄緑色で実が十分入っているものが良品とされています。一方槐花は、乾燥した蕾は卵形か長楕円形で、長さ2.5-5mm、幅1.5-2mm。外表は黄褐色か黄緑色で、少ししわがあって縮み、下部は鐘状の萼で、先端には不鮮明な5つの歯裂があり、短い柄のついているものもあります。上部がまだ開いていない花冠は大小不揃いで、萼と花冠の表面は白色の短毛でまばらに覆われています。質はもろく、においは弱く、味はわずかに苦い。蕾が大きく、萼が緑色で厚く、枝茎のないものが良いとされています。

 槐角にはゲニステイン、ソフォリコシド、ソフォラビオシド、ルチンなど多数のフラボノイドとイソフラボノイドが含まれており、特にルチン含量が高く、幼果に多く含まれます。同様に槐花もルチンを多く含んでおり、開花した花よりも蕾に多く含まれていることが知られています。

 槐角、槐花は止血の効能があり、鼻血、痔、性器出血、陰部湿疹等に用いられています。方剤として槐角は地楡、黄芩、当帰などと配合した槐角丸があり、槐花は荊芥、枳殻、地楡などと配合した槐花散があります。槐角、槐花はそれぞれ性味・効能など似た部分が多くありますが、涼血・止血の効能は槐花が優れており、瀉熱下降の力は槐角が優れているため臨床では症状に応じて使い分けられています。

(神農子 記)