ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【アロエ】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【アロエ】  平成26年9月10日号より

基源:ユリ科(Liliaceae)のAloe ferox Miller又はこれとA. africana MillerあるいはA. spicata Bakerとの雑種の葉から得た液汁を乾燥したもの.

 「アロエ」と聞くと,「医者いらず」とも呼ばれて観賞用植物として流通しているキダチアロエAloe arborescens Mill. を思い浮かべる方が多いかもしれませんが,日本薬局方にはキダチアロエは収載されていません。

 アロエ属植物は,アフリカのサハラ砂漠以南やマダガスカル島,アラビア半島などを中心に約350種が分布し,多くは園芸的価値が高い一方で,ワシントン条約によって流通が規制されています。薬用に用いられる代表的なAloe feroxは古くから薬用効果が知られていたため,アラビア商人やスペイン人によって世界各地に運ばれ,亜熱帯地域などでは帰化し定着したようです。

 アロエはおよそ6000年も前のエジプトの壁画に刻まれており,最も古い薬用植物の1つと考えられています。紀元前1500年頃に成立したエジプト医学の最古の医学文献である『エーベルス・パピルス』にはアロエを含む12の処方が記載されています。火傷の治療のほか,センナやヒマシ油などと同様に緩下薬として用いられたようです。

 薬用のアロエは産地によって数種類に分けられます。日本で最も多く消費されているのは「ケープ・アロエ」と呼ばれるもので,A. feroxの葉,あるいはA. feroxA. africana あるいはA. spicata との雑種の葉から得た液汁を乾燥したもので,現行の日本薬局方に規定されているのはこのものです。生薬は黒褐色から緑褐色を呈し,破砕面はガラスのように光沢があり,薄片が半透明であることから透明アロエと呼ばれることもあるようです。「ソコトラ・アロエ」と呼ばれるものはA. perryi Bakerに由来するもので,これは原植物がイエメンのソコトラ島に自生することに因みます。「キュラソー・アロエ」と呼ばれるものはA. vera L. などに由来し,キュラソー島を主産地とし,西ヨーロッパでよく用いられます。その他,ナタール・アロエやボンベイ・アロエなどが知られています。

 第十六改正日本薬局方では,アロエの項に「本品は定量するとき,換算した生薬の乾燥物に対し,バルバロイン4.0%以上を含む」と規定されています。バルバロインはアンスロン骨格の配糖体ですが,腸内細菌(Eubacterium sp.)による代謝を受けて活性成分であるアロエエモジンに変換されることが知られています。

 アロエの産地や現植物による化学的な違いも明らかになっています。「ナタール・アロエ」はホモナタロインを含有しますが,ケープ・アロエやキュラソー・アロエは含有しません。また,7-ヒドロキシアロイン誘導体はキュラソー・アロエに含まれ,ケープアロエには認められません。一方で,クロモン誘導体のアロエニンAはキダチアロエのみが含有するとされています。

 近年,食品中の有用成分の研究が進んだ結果,医薬品と食品の区分があいまいになりつつありました。そこで,1971年に厚生労働省が「無承認無許可医薬品の指導取締りについて」の通知を行ない,医薬品と食品の区分(食薬区分)が明示されました.現行の食薬区分において,アロエの取扱は複雑です。すなわち,アロエ(キュラソー・アロエ,ケープ・アロエ)の葉の液汁は「専ら医薬品として使用される成分本質」(すなわち食品として使用できない)ですが,アロエの根・葉肉ならびにキダチアロエは「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」(すなわち食品として利用できる)とされています。

 アロエは日本へは鎌倉時代に伝来したとされています。多くの方がアロエベラやキダチアロエを食べた経験があることでしょうし,現在でも多くの家で栽培されているのを見かけることから,もはや日本の民間薬と言っても過言ではないでしょう。アロエからすれば,原産地から遠く離れた極東の地でこのように重用されるとは思ってもみなかったことでしょう。

 

(神農子 記)