ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【呉茱萸(ゴシュユ)】
掲載順
平成31年30年29年28年
27年26年25年24年23年
22年21年20年19年18年
17年16年15年14年13年
12年11年10年9年8年
7年6年5年4年3年
平成31年 (2019年)上に戻る▲
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【呉茱萸(ゴシュユ)】  平成31年4月10日号より

基源:ミカン科(Rutaceae)のゴシュユ Euodia ruticarpa Hooker filius et Thomson、Euodia officinalis Dode又はEuodia bodinieri Dodeの未成熟果実。

 近年、生薬をとりまく環境は大きく変わりました。平成の終わりを迎えるにあたり、今回は様変わりした生薬の中からこの数十年で価格、原植物そして学名までもが変遷した呉茱萸を取り上げます。

 最近、生薬の販売価格が著しく上昇していますが、その1つに呉茱萸があります。日本での市場価格は5年前と比較すると2倍以上になっています。中国の生薬市場に行くたびに、現地でも原料価格が上昇していることを実感します。大きな生薬市場では通常は大口の取引が目的ですから、顧客は展示生薬から多少のサンプルを無償で提供してもらえることが常です。ところが昨年は呉茱萸だけは数g程度のサンプルに対して、ロットにより10元から20元(1元は約17円)を要求されて驚きました。呉茱萸の価格高騰の主な理由は 2010年代の価格低迷による減産が影響しているとのことです。在庫の減少を受けて中国の生産地では増産の取り組みを開始していますが、基源が木本植物の果実であることから収穫は数年先になります。現在、日本産の呉茱萸はほとんどありませんが、このような価格高騰を受けて日本でも生産の動きが始まってきました。

 日本に呉茱萸の原植物が伝えられたのは江戸時代享保年間とされています。当時導入された種は、現在、日本各地の植物園や薬草園に植栽されているE. ruticarpaで、しかも雌株のみであることが判明しています。この植物種は多くの走出枝を出すことから株分けにより容易に増やすことができ、導入株が雌株のみであったことから種子ができず、現在も日本には地下茎によりクローン増殖した雌株のみが育っています。なお、挿し木でも容易に増殖することができます。

 近年の日本市場品に流通している中国産呉茱萸の原植物は E. ruticarpaE. officinalis、そしてE. bodinieriの3種類に由来することが明らかにされています(Natural Medicines、 55、 7-10、 2001)。これら3種類は形態学的そして成分的に区別可能です。この報告では16ロット中、4ロットにE. ruticarpa、7ロットにE. officinalis、11ロットにE. bodinieriが含まれていることを明らかにしています(混合品であるロットも含む)。中国産呉茱萸の原植物については、おそらく以前よりこのような複数種に由来していたことが推測できます。さらに原植物導入後は日本産呉茱萸が流通したこともあり、当時はE. ruticarpaの不稔性の未熟果実に由来する生薬も存在していたことになります。

 呉茱萸の原植物に付けられた学名も様々な変遷を経ています。「ゴシュユ」は第七改正日本薬局方に、原植物としてEvodia rutaecarpaが収載され、第九改正でE. officinalisが、第十四改正第二追補でE. bodinieriが追加されました。さらに当時、文献的にも混乱していた属名のEuodiaEvodia、種小名のruticarparutaecarpaの問題も解決され、第十六改正より現在の綴りに統一されました(生薬学雑誌、61、93-93、2007)。この学名に付けられる和名も整理されました。『牧野日本植物図鑑』にはE. rutaecarpaの和名としてニセゴシュユが、E. rutaecarpa var. officinalis (=E. officinalis) に対してホンゴシュユがあてられています。このことについて牧野博士は、日本にはE. officinalisの植物は導入されていないが、“officinalis(薬用の)”という学名から、こちらが正品であると判断したと記載されています(植物記、櫻井書店、東京、1943、p330-337)。現在はゴシュユE. ruticarpaとすることが一般的になっています。

 新しい元号の時代になっても生薬の品質は変化し続けます。生薬の品質が変化したとしても漢方処方は安定した薬効を示すように工夫しなければなりません。このような変化に対応するために薬剤師、医師は常々準備をしていなければなりません。呉茱萸は肝、腎、脾などを強く温める薬物として温経湯、呉茱萸湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯などの漢方処方に配合されます。温経湯は婦人病薬として知られ、冷え症や更年期障害などに用いられます。呉茱萸湯は、呉茱萸、人参、大棗、生姜の4味だけの配合ですが、手足の冷えや習慣性の偏頭痛や頭痛などに用いられます。当帰四逆加呉茱萸生姜湯は霜焼けの特効薬として著名です。このように呉茱萸はその薬効から代替するものが他になく、今後も欠かすことができない重要な漢方生薬です。

(神農子 記)