ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【ウワウルシ】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【ウワウルシ】  平成24年2月15日号より

基源:ツツジ科(Ericaceae)の Arctostaphylos uva-ursi Spreng. の葉

 ストロベリー,ラズベリーやブルーベリーなど,科をまたいでベリー(berry)と総称される小果実群があります.ツツジ科のブルーベリーと近縁な植物にコケモモ Vaccinium vitis-idaea L. やツルコケモモ Vaccinium oxycoccos L. があります.これらの果実もそれぞれクランベリー(cranberry),カウベリー(cowberry)と呼ばれ,ジャムなど食用として利用されています.このコケモモですが,日本では果実ではなく葉を昭和初期に薬用として一時的に使用したことがあります.

 ウワウルシはツツジ科クマコケモモ Arctostaphylos uva-ursi (L.) Spreng. の葉に由来する生薬です.ウワウルシという名前は「クマのブドウ」を意味する uva-ursi を日本語読みしたものです.属名の Arctostaphylos も「クマのブドウ」を意味しています.英語名はベアベリー(bearberry)で,和名同様「クマ(bear)」が付いています.クマがこの果実は食べることに由来するようです.クマコケモモは北半球の寒冷地や高山地帯に分布する植物です.常緑の小低木で,茎は地上に伏しています.葉は互生し,短い葉柄があり,基部はくさび形,先端は鈍頭か又は凹形,長さ10〜30mm,全縁で革質です.葉の上面は濃い緑色,光沢があり,下面は薄緑色,編状脈が顕著です.日本には自生していません.ヨーロッパでは古くから果実を食べていたようですが,葉に関しては,薬効が明らかになり生薬として使用されるようになったのは19世紀前半と言われています.その後日本にも紹介され,日本でも使用されるようになりました.日本薬局方には第1局から現在の16局に至るまで,継続して収載されてきました.

 ウワウルシは尿路殺菌剤として腎盂炎,尿道炎,膀胱炎などに利用されます.葉の煎じ液を服用する場合もありますが,ほとんどはウワウルシ流エキスとして利用されます.ウワウルシ流エキスとはウワウルシの粗末から熱水抽出エキスを作成し,タンニン類を一部除去して製したものです.ウワウルシにはアルブチン(arbutin)を主成分とするフェノール配糖体類やタンニン類が含まれています.アルブチンが体内で加水分解されてヒドロキノンになり,これが尿路殺菌作用を示すとされています.ウワウルシを流エキスにするのは,不溶性タンニンを除いて水溶性のアルブチンを有効に利用することも一つの理由です.ただ,アルブチンは摂取量や服用期間によっては不快感,嘔吐などを引き起こすことがあるので使用にはこの点を注意する必要があります.

 最近は,ウワウルシを化粧品に配合することが多いようです.これはアルブチンがアミノ酸のチロシンと部分構造が類似しているためです.肌の色素沈着はチロシンが酵素チロシナーゼにより反応を繰り返して生成するメラニンによるものです.アルブチンがチロシンの代わりになることから,チロシナーゼの阻害活性を持つことが明らかになりました.このような理由で美白効果が期待され,ウワウルシの使用量も増えてきているようです.

 しかし日本には自生がないため,ウワウルシは100%輸入に依存してきました.昭和初期,諸外国との関係がギクシャクした時代に輸入が滞り,一時的に高山植物のコケモモ葉を代用にしました.コケモモ葉にもアルブチンが含まれていますから十分同等な効果が期待できました.これに伴いコケモモは第5改正日本薬局方に収載され医薬品の仲間入りをしました.しかしコケモモ葉の煎剤は味が悪かったようで,次第に利用する人が少なくなっていきました.野生品を採取していたことから自然保護の観点からも利用されなくなり,日本薬局方からも削除されました.

 現在ではコケモモはジャムなどの食用目的で果実のみが利用されています.一方,クマコケモモの果実はあまり味が良くないらしく,あまり利用されていません.葉を利用せずに果実を利用するコケモモとその逆のクマコケモモ,上手に役割分担ができているようです.

 

(神農子 記)