ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【ベラドンナコン】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【ベラドンナコン】  平成26年12月10日号より

基源:ナス科(Solanaceae)の Atropa belladonna L. の根

 生薬名の「Belladonna(ベラドンナ)」はイタリア語で「美しい貴婦人」という意味です。ヨーロッパの中世ルネサンス期には貴婦人達が目を美しく見せるために、この植物の葉の汁を点眼して瞳孔を開いたそうです。「美しい貴婦人」とはこれが由来になっています。「Belladonna」は学名の種小名にもそのまま採用されています。属名の「Atropa(アトロパ)」はギリシャ神話に登場するアトロポス、運命の三女神の1人、運命の糸を断ち切る役割をもつ女神に由来します。

 原植物のベラドンナはヒマラヤ山系からコーカサス、イラン、西アジア、ヨーロッパ南西部にかけてのブナ帯に分布するナス科の多年生草本です。植物体は高さ 50〜200 cm、やや紫色を帯び、上部には毛が密生しています。葉は長さ 20 cm、卵状楕円形で互生、上部では節間が短くなるため対生や輪生状になります。初夏に鐘状で紫褐色の花を葉腋に下向きに開きます。花はナス科に特徴的な合弁で縁は5裂し、やや外側に反り返ります。果実は球形の液果で熟すと紫黒色になります。ベラドンナはヨーロッパでは古くから知られた薬物の一つであり、葉を「ベラドンナ葉(Belladonna leaf)」および根を「ベラドンナ根(Belladonna root)」と称して使用されてきました。薬効は鎮痛、鎮痙、止汗、散瞳、催眠薬などです。現在は主にベラドンナエキス、アトロピンの抽出原料として使用され、その資源は欧米各国での栽培品です。

 ベラドンナの薬効成分が明らかにされたのは19世紀中頃でした。1831年ドイツの薬剤師マインがベラドンナコンから結晶を取り出しました。1833年ドイツのガイガーとヘッセはベラドンナコンから新アルカロイドを分離し、アトロピンと名付けました。アトロピンはヒヨスチアミンの(±)体であり、抽出過程でラセミ化します。アトロピンの化学構造は1880年代からラーディングらにより研究され、トロパン骨格を有するアルカロイドであることが明らかにされました。トロパン骨格を有するアルカロイドを含むナス科の近縁植物にはAtropa 属の他、Datura属(ヨウシュチョウセンアサガオ D. tatula など)、Hyoscyamus属(ヒヨス H. niger など)、Mandragora属(マンドレイク M. officinarum など)、Scopolia 属(ハシリドコロ S. japonicaなど)があります。いずれも鎮痛、鎮痙薬として歴史的に使用経験がある植物です。

 アトロピンは副交感神経遮断作用があり、平滑筋や気管支の弛緩、散瞳、分泌抑制が見られます。有機リン剤中毒の解毒剤としても使用され、地下鉄サリン事件でも使用されました。

 医薬品として使用されるアトロピンの全合成は19世紀初頭には達成されていましたが、その複雑な骨格のため合成工程が長く非効率的なものでした。その後、多くの研究者により合成法が改良されましたが、いずれの方法も経済面で天然物からの抽出には及びませんでした。医薬品目的の抽出原料として、20世紀初頭には日本のハシリドコロが選ばれました。一時期、相当量のハシリドコロ(生薬ロートコン)が欧米に輸出されました。ただしアトロピンは単独で使用するよりもエキスとして使用した方が副作用が少なかったようで、次第にエキスそのものの利用に置き換わっていきました。現在は硫酸アトロピンなどの単独使用がありますが、使用量と経済性を考量した上で依然として原料供給は天然物に依存しています。

 日本特産種のハシリドコロはベラドンナと非常に深い関係があります。江戸時代、ドイツ人医師のシーボルトは、長崎地方を中心に様々な科学技術・知識を伝えていました。薬用植物もその一分野で、その中にベラドンナも含まれていました。眼科医の土生玄碩は治療のためにシーボルトから瞳孔散大作用を有するベラドンナの提供を受けました。玄碩はこれを全て使い果たしてしまった後にさらなる分与を要望したところ、シーボルトは「日本に自生するベラドンナ」を紹介しました。その植物が「ハシリドコロ」だったのです。この誤認識がハシリドコロ利用の始まりであったわけですが、果たしてシーボルトが事前にハシリドコロの効果を試験していたのかどうかまでは伝わっていないようです。

 

(神農子 記)