ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【石榴果皮(セキリュウカヒ)と石榴根皮(セキリュウコンピ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【石榴果皮(セキリュウカヒ)と石榴根皮(セキリュウコンピ)】  平成30年5月10日号より

基源:ザクロ科(Punicaceae)のザクロ Punica granatum L. の成熟果実の果皮(石榴果皮)及び根皮(石榴根皮)。

 ザクロ科はザクロ属1属からなり2種が知られています。薬用、食用、観賞用として古くから熱帯〜亜熱帯の国々で栽培されてきたザクロは、西南アジアの原産で、冬が寒く夏は暑い半乾燥気候の地域に自生しています。野生状態では刺の多い低木ですが、栽培すると刺は少なくなり高さは6メートルにもなります。葉は対生し全縁で光沢があり、若い枝は狭いコルク質の翼があって4稜をなし、初夏に赤橙色で筒状の花を1個から数個枝の先端につけ、秋には直径6cm前後の果実が実ります。硬い果皮の中に多数の種子があり、種子の外皮は透明な淡紅色、多汁質で甘酸っぱく、生食したり、清涼飲料やアルコール飲料とするほか、香料や着色料など幅広く利用されています。観賞用では、園芸品種として矮小型のヒメザクロや八重咲きのハナザクロがつくられています。

 ザクロの果実は希望や不死を表す象徴として多くの民間伝承に登場します。ギリシャ神話やローマ神話にも見られ、ソロモンの寺院の柱にはヘブライ人によるザクロの果実の彫刻があり、初期のペルシャ織物の図案にも用いられていました。アジアでは種子が多いことから子孫繁栄、豊穣の象徴とされてきました。日本にも古く平安時代以前に渡来しており、種子や果汁に有機酸を多く含むため、銅鏡を磨くのにも用いられていました。

 薬用としてのザクロは、『名医別録』の下品に「安石榴」の原名で収載されています。『博物誌』には「漢の張騫が西域に出使した際に、塗林、安石国の榴種を得て持ち帰った。故に安石榴と名付ける」と記されています。薬効については、『名医別録』には「酸実殻は下痢を療し、漏精を止める。東行根は蚘虫、寸白を療す」と果皮及び根に関する薬効の記載があり、陳蔵器は「東引根及び皮は蚘虫を治すのに煎じて服する。子は渇きを止め、花、葉は乾かして末とし、鉄丹と和して服すれば、一年にして毛髪の色が漆の如く黒く変わる」と、根、根皮、子、花、葉の薬効を記しています。また、陶弘景は「石榴の花は赤くして愛すべきものだ。故に世間で多く植えている。就中外国で珍重し甜と酢の二種あるが、医家ではただ酢きものの殻と根を用いる」、蘇頌も「安石榴はもと西域に生じたもので、今は處々にある。木は甚だ高大でなく、枝柯は幹に附いて地から生えて叢になる。栽培するに極めて増えやすいもので、その條を折って土中に入れておけば生えてくる。花に黄・赤の二色があり、実には甘・酢の二種あって甘きものは食用にし、酢きものは薬に入れる」と記しており、古来、果肉の酸味が強いものを薬用としてきたことが伺えます。

 石榴果皮は不規則な形あるいは半円形の片状で、厚さ2〜3 mm。外側は暗紅色あるいは紅褐色で、あらく、白色の小突起があります。質はもろくて堅く、折れやすく、においは微弱で味は渋く、皮が厚くて紅褐色のものが良品とされています。含有成分としてタンニン類を多量に含み、加水分解によってエラグ酸を生じます。薬効は収斂、止瀉薬として慢性下痢、下血、脱肛、遺精、崩漏帯下などに用いられます。

 石榴根皮は不規則に湾曲しているか、または扁平な片塊で、表面は土黄色であらく、深褐色で鱗片状のコルク皮がついているが、脱落するとまだらのくぼみが残ります。においはわずかで、味は渋く、皮の形が完全で、黄色のものが良品とされています。含有成分はアルカロイドのイソペレチエリンやタンニン類で、回虫、条虫などに対する駆虫薬として用いられます。

 以上、果皮、根皮ともに駆虫、止瀉の作用がありますが、駆虫作用は根の方が強く、下痢症状には専ら果皮が利用されてきました。一方で、根皮は毒性が強く、運動障害や呼吸麻痺などの中毒症状を引き起こすことがあるため、使用には注意が必要です。

 

(神農子 記)