ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【龍骨(リュウコツ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【龍骨(リュウコツ)】  平成11年10月15日号より

基源:古代大型哺乳動物の化石化した骨。

 「龍骨」は、神農本草経の上品に収載された薬物です。「龍の骨」とは言え、周知のように龍(和名:タツ)は想像上の動物です。9種の動物に似た点、すなわち駝の頭、鹿の角、鬼の眼、牛の耳、蛇の項、蜃の腹、鯉の鱗、虎の掌、鷹の爪を備え、鱗虫類の長の地位を与えられています。四霊のひとつで、淵にひそみ、ときに雲をよんで天に昇る水神であるところから、古来防火の神でもあります。また皇帝のマークが龍の5本指(爪)であるように、「龍」は、優れた人、非凡な人の喩えにされます。『証類本草』中には、龍骨、龍胆、龍眼をはじめ,頭に龍のつく薬物が全部で10種類収載されています。中には有名未用のものもありますが、それら全てが「無毒」という点で共通しています。崇高なイメージを持つ「龍」は、当然ヒトに対して害を及ぼしてはいけないわけです。

 龍骨は、薬効的には「牡蛎」などと同様に重鎮安心薬に分類され、精神安定・鎮静の効能があり、驚き・恐れ・精神的ストレスにより心神が擾乱されて生じる煩躁・狂躁・易怒・不眠などの精神不安定に対して有効な薬物です。配合される処方は少ないですが、「柴胡加龍骨牡蛎湯」は腹部大動脈の亢進を目標に上記の疾患に汎用される重要処方です。

 基源に関して『中国薬材学』を見ますと、現在の龍骨は古代に生息していた三趾馬、犀類、鹿類、牛類、象類などの哺乳動物の骨骼の化石あるいは象類の門歯の化石であるとされ、薬材上前者を「土竜骨」(粉龍骨),後者を「花竜骨」と2大別するとされています。しかし、実際市場では化石化した部位や度合いや色彩によって、青花龍骨、黄花龍骨、白龍骨、龍歯などの名称でも流通しています。一般に土竜骨は、表面が白色あるいは黄白色で、裂隙に班点があり、断面のきめが粗く、質は堅硬で破砕しにくいが、破砕すると細かくなめらかな粉末になります。一方の花竜骨は淡灰白色で紅、白、藍、黄、黒、棕などの色をした紋理が見られ、質は堅く破砕しやすく、層になって剥落し、指で容易に崩れて粉末状になります。

 また色について、陶弘景は「欲得脊脳作白地錦文」と、白地に錦文(黄金色の紋)のあるものが良いとし、『新修本草』では五行説に基づき「龍骨は5色の具わったものが良く、その青、黄、赤、白、黒は、それぞれの色に随って臓腑に相会するのだ」としています。また、『呉普本草』では「青白色のものがよい」と記され、これも五行説に基づいて、龍骨の肝の高ぶりを治す作用を期待したものと思われます。一般に品質的には、色が白くて、各種花紋があり、破砕されやすい花竜骨が良質品であるとされ、質が堅く破砕されにくい土竜骨は次品とされています。

 龍骨は、実は『日本薬局方』には収載されていますが、中国の局方である『中華人民共和国葯典』には記載されていません。正確には1977年版には収載されていましたが、1985年版で付録の項に名称と基源のみの記載となりました。1994年版『中葯志』では、その理由として、近年の分析結果から龍骨、龍歯には数種の金属元素や放射性元素が含有されていることが明らかになり、人体に対する悪影響からの処置であるとしています。

 しかし、龍骨は『神農本草経』中、命を養い、天に応ずる上品の薬に分類され、『本草綱目』でも同様に扱われており、古来、経験的に不老長寿の薬とされてきました。今に至って、極わずかな元素を単一成分でとらえて、人体に危険であるということで『中華人民共和国葯典』から削除することは、「転ばぬ先の杖」なのかも知れませんが、龍骨の生薬としての重要性を考えると疑問が残ります。ただ、確かに市場の龍骨には砒素を相当量含有するものがあり,局方不適になるものが多いことも事実です。1977年版『中華人民共和国葯典』には、「五花龍骨は極めて破砕されやすく、毛片紙に粘貼して常用する。」とあり、中国では、専ら吸湿・止血・生肌斂瘡の外用薬として利用されてきていますので、需要の少なさからの削除かもしれません。あるいは、大型哺乳動物の骨が何万年もかかって化石化した「龍骨」は資源的に限りがあることから、資源保護的な問題も関係しているのでしょうか。

 ストレスの多い現代社会において、「柴胡加竜骨牡蛎湯」など安心作用のある竜骨を配合した処方を必要とする人は増えてくると思われます。龍骨は供給面において不足するのは確実と思われます。すでに中国市場には現存の哺乳動物の骨から製した偽品が出回っており、龍骨の代用品の早急な研究が不可欠でしょう。

(神農子 記)