ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【枇杷葉(ビワヨウ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【枇杷葉(ビワヨウ)】  平成16年03月15日号より

基源:ビワEriobotrya japonica Lindle(バラ科Rosaceae)の葉。

 ビワはヒマラヤ山脈の暖温帯から亜熱帯にかけて自生する常緑高木で,約25種が知られ,多くは中国中南部からインドシナ半島北部に見られます。漢名の「枇杷」は葉の形が楽器の琵琶に似ていることから付けられたものとされますが,果実の形もまた琵琶に似ています。属名のEriobotryaはギリシャ語のerion(羊毛)とbotrys(ブドウの房)に由来し,ブドウの房のようになる果実に柔らかな毛が密生することに由来したものと思われます。わが国にも大分県,山口県,福井県などに野生と思われる木がありますが,平安時代の『本草和名』に「比波」の名で記載があり,奈良時代に薬用としてもたらされたものが全国に広がったものと考えられます。

 中国におけるビワの薬用の歴史は古く,『名医別録』中品に枇杷葉の名称で,「味苦平無毒。急に起こった激しい乾嘔が止まないものを治し,気を下す。」と収載されています。陶弘景は「煮る暇がないときは,ただ噛んで汁を飲むだけでも癒える。」と述べ,李時珍は具体的効能について,「胃を和し,気を下し,熱を清し,諸毒を解し,脚気を療ず。」と記しています。また古来中国では,反胃による吐き気や水の飲みすぎによって起こった温病による吐き気に,毛を去って香ばしく炙った枇杷葉を他薬とともに煎服し,鼻血が止まらないときには毛を去って香ばしく焙じて末にしたものを茶剤として服用し,また痔瘡腫痛には烏梅湯で洗浄した後に蜜炙した枇杷葉を貼り,痘瘡潰爛には煎湯で洗うなどと,枇杷葉を多様に利用してきました。ビワの葉が配合される処方には,「枇杷清肺飲」,「枇杷葉飲」などがありますが,いずれにせよ葉の背面にある絨毛が湯剤に入ると咽に刺激があるため,一般には布で包んで煎じられます。

 わが国では,江戸時代の『和漢三才図会』に,『本草綱目』の内容を節録して,「葉,苦平。肺胃の病を治す。すべてその下気の功を取る。熱を清し,暑毒を解す。また吐き気の止まらないものを治す。使う時には火で炙って布で毛を拭い去る。さもなくば肺を射て咳を生じる。和方に枇杷葉湯がある。食傷および霍乱を治すのに優れている。」と記載がみられ,中国と同様の効果を期待して,同様の方法が行なわれていたことが伺えます。また,江戸時代の京都,東京,大阪では,"びわ葉湯売り"が都大路を売り歩いたといわれ,さらに東海道の宿場では旅人の咽喉の渇きを癒し,また霍乱(暑気あたりによる吐き下し)の予防にふるまわれていたといいます。皮膚炎やあせもに煎湯で洗うことをも含め,民間薬としてもかなり広く利用されていたようです。

 品質については,『図経本草』には「四月に葉を採って爆乾して用いる。」,『雷公炮炙論』には,「用いるには,採集して量ったときに,生の場合は一葉一両,乾燥したものでは三葉で一両の重さのものが気が充足していて用いることができる。」と記され,一色直太郎氏は「若い木から採った,極めて大なる葉を陰干しになしたもので,なるだけ青みを帯びた新しいものほどよろしい。」とし,果実が成熟する前のみずみずしくて勢い旺盛な,とくに大型の葉が良品とされていました。

 ところで,ビワの花が晩秋から冬にかけて咲くと言うことはあまり知られていないのではないでしょうか。大きな円錐花序に白い花がたくさんつきますが,それほど目立った花ではなく,すでに野山や植物園へ出かけたりするシーズンが過ぎてしまっていることも手伝って,見る機会が少ないものと思われます。いずれにしても,この花からは初夏に出てくるビワの実は想像できません。

(神農子 記)