ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【蘭草(ランソウ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【蘭草(ランソウ)】  平成10年10月15日号より

基源:フジバカマ Eupatorium fortunei Turcz.(Compositae キク科)の花蕾をつけた全草

 「蘭」の文字がつく漢薬として一般には「蘭草」と「澤蘭」が知られています。とはいえ、ともに稀用生薬ですので、実際に接する機会は少なく、原植物についてもついラン科植物を想像してしまいますが、実はキク科の生薬です。漢字「蘭」の字義は古くは芳香のある植物を意味したそうで、「蘭」はすなわちフジバカマであったとされています。一方、今のランはやはり芳香があるゆえに「蘭」の字が当てられたそうで、一般には「蘭花」として区別されてきました。すなわち、「蘭草」は「蘭花」と区別する用語であり、「澤蘭」とは沢に生えるフジバカマに似た植物を指したものと言えそうです。

 こうした点からは蘭草と澤蘭の原植物には問題がなさそうですが、実際は古くから混乱していました。現在、蘭草と澤蘭の基源は、それぞれフジバカマ Eupatorium fortunei Turcz.とシソ科のシロネ Lycopus lucidus Turcz.の全草であるとされています。しかし、現在中国ではフジバカマを澤蘭として使用する地域があり、また黒龍江省の一部ではシロネを蘭草としているなど、地方的に蘭草と澤蘭が混乱してます。そして、この混乱は上古からあったようです。

 蘭草は、『神農本草経』の上品に「味辛平。主利水道殺虫毒…。一名水香」と収載され、澤蘭は『神農本草経』の中品に「味苦微温。主乳婦内衂中風餘疾大腹水腫身両四肢浮腫骨節中水金瘡癰腫瘡膿。一名虎蘭一名龍棗」と収載されました。互いに明らかに性味効能の異なる生薬であることから、両者の混乱は薬効の類似性ではなく、他の原因にあったと思われます。

 生育環境について『名医別録』に、蘭草は「池澤」、澤蘭は「大澤傍」とあり、両者とも湿った土地に生育することが記されています。植物の外観については、陶弘景は蘭草の項で「李が都梁香草に似ていると言っている」と述べ、澤蘭の項では「またの名を都梁香である」と述べているところから、両者は互いに似ていたものと考えられます。次世代の『唐本草』になると、蘭草の項で「これは蘭澤香草であり、…或いは都梁香という」、澤蘭の項で「陶が言う都梁香は蘭草のことである」とあり、両者の名称が混乱しています。一方、形態的には『唐本草』の澤蘭の項に、「澤蘭は茎が四角で」とあるところからシソ科植物が想像されますが、「葉は蘭草に似ている」とする点からはシロネにあてるのは疑問です。続いて、「河畔に生えて人家にも植えられている花が白く、萼が紫で茎が丸いものは澤蘭ではない」とあり、これはフジバカマのようにも思われますが、決定的ではありません。また、『雷公炮炙論』では澤蘭に大・小のあることが記され、李時珍は「大澤蘭」が蘭草、「小澤蘭」が澤蘭であるとしています。フジバカマとシロネの大小を考えると正しいように思われますが、『図経本草』の澤蘭の図を見る限りは明らかに複数の原植物があったようで、それらも現時点では原植物は不明です。こうした混乱が、後のいずれの本草書にも見られることから、古来の混乱が現在にまで引き継がれてきたものと考えられます。

 植物形態学的にはフジバカマとシロネはかなり異なる植物です。大きさもまったく異なりますが、なによりも葉の形がフジバカマでは3深裂した葉が混じりますが、シロネでは葉は切れ込みません。素人目にも両植物が似ているとはとても思われません。「蘭」はフジバカマで正しいとすると、「澤蘭」の正条品はシロネではなかったと思われるのですが、浅学の筆者にはこれ以上の詮索は困難です。

 さて、フジバカマは秋の七草の一つに数えられます。新鮮な葉をもむとさわやかな香があり、乾燥させるとさらに強く芳香を放つようになります。わが国でも古来その香が貴ばれ、多く歌に詠まれ、『源氏物語』にも登場しますが、フジバカマがわが国自生の植物なのか中国から渡来した植物なのかについては定説がありません。河川敷などのやや荒れた土地に群生しますが、近年は土地開発や河川改良工事による環境の変化からか、自生地が少なくなり、レッドデータブックに絶滅危惧種として掲載されています。稀用生薬の原植物とはいえ、薬草であるという観点からも何らかの保護対策が必要であるように思われます。

(神農子 記)