ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【蕃椒(トウガラシ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【蕃椒(トウガラシ)】  平成12年09月15日号より

基源:トウガラシCapsicum annuum L.又はその変種(ナス科Solanaceae)の果実。

 トウガラシは,熱帯アメリカすなわち新大陸原産の植物です。種小名のannuumは「1年性の」という意味ですが,原産地では多年性の低木となります。ただし,わが国のような温帯で育てると周知のように一年草の性質を示します。

 昨今はトウガラシは世界中で利用される重要な香辛料となっていますが,原産地の新大陸から持ち出して世界中に広めるきっかけを作ったのは,ほかでもないコロンブスであったことは良く知られています。西インド諸島への第二次航海の時で,1494年のことです。こうして先ずはヨーロッパ(スペイン)にもたらされたトウガラシは,当時高価であった肉料理に欠かせない香辛料コショウに取って代わり,急速に広まりました。それから極東アジアのわが国に伝わるのに100年しか要さなかったことは驚異的とも言えます。わが国への伝来についてはいくつかの説があり,種々の記録からは秀吉の朝鮮出兵の際に種子がもたらされたとするのがもっとも信頼性が高いようですが,決定的ではないようです。

 さて,薬用としてのトウガラシは,原産地においては約7000年前から利用されていたことが知られており,健胃薬としてのほか,痙攣や下痢の治療に内服され,歯痛にはこれを歯肉に塗布したそうです。現在の『日本薬局方』では本質は局所刺激薬とされていますが,辛味性健胃薬としても知られています。一方,原産地で歯痛に塗布薬として利用されていたように,皮膚に塗布すると知覚麻痺を起こすことが古くから知られていました。その活性成分は辛味成分のカプサイシンで,最近では感覚ニューロン遮断薬としての作用機序も解明されています。

 ヨーロッパにおいても導入後まもなく,薬用としての利用も始まったようです。実はトウガラシが『日本薬局方』に初収載されたのは第三版(1906年)です。人参や黄柏の収載が第六版(1949年)であったことを思うと随分と早く,ヨーロッパの影響すなわちトウガラシチンキが多用されたことがうかがえます。今も本質が局所刺激薬となっている所以です。

 さて,中国では如何であったかというと,食用としてはすぐに広まりましたが,薬用としてはそれほど重要視されなかったようです。中国では明代後半には全土に広がっていたと考えられていますが,本草書に記されるのは清代になってからで,『本草綱目拾遺』に「辣茄」の名で,「人家の園圃に栽培され,深秋になると山の人たちが市場へ売りに来る。空煎りして柔らくなった果肉の絞り汁で凍傷を洗う」と民間的に「しもやけ」に用いられたことが記されており,わが国での利用法と共通している点は「唐辛子」の語源とあいまって興味があります。近年は「辣椒」と称されていますが,未だに薬用植物としての確たる地位を得ておらず,『中華人民共和国葯典』や『中葯志』にも収載されていません。

  一方,わが国では,江戸時代(1671年)の『庖厨備用倭名本草』調★(★:食へんに壬)類に「番椒」の名で,「味辛ク性温。毒ナシ。宿食ヲ消シ,結気ヲ解キ,胃口ヲヒラキ,邪悪ヲ辟ケ,腥気諸毒ヲ殺ス」と効能が記されており,その後の『大和本草』では,菜類の項に「蕃椒をよく乾燥して粉末とし,糊とまぜて紙や布に広げ,身体の痛みのある場所に貼ると甚だ効果がある.また感冒には脊椎の第3と第4番目の間に貼り,衣を厚めに着込んで発汗するのがよい」などと記されています。こうした薬効はヨーロッパからの知恵であったようにも思われ,そうするとトウガラシはポルトガルからもたらされたとする説がもっともらしく感じられ,また別名の「南蛮」も意味をもってきます。ただ,蕃椒に「こうらいごしょう」のルビがある点は朝鮮半島を思いおこさせます。トウガラシの性味が「辛・温」だとすると,解表薬として利用できるはずです。食用すると汗が噴き出るのはまさに辛温解表薬の特徴です。なぜ中国で利用されなかったのかが不思議でなりません。他にすぐれた辛温解表薬があったからなのでしょうか,あるいは新参者であったからなのでしょうか。新大陸を出てたかだか500年の歴史しかないのに,調べてみるとあまりにも分からないことが多すぎます。日本への渡来説の真偽をも含めて,一考を要することがまだたくさんあるようです。  

(神農子 記)