ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【フヒョウ(浮萍)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【フヒョウ(浮萍)】  平成25年9月10日号より

基源:ウキクサ科(Lemnaceae)のウキクサSpirodela polyrhiza (L.) Schleid.の全草を乾燥したもの

 水を湛えた田んぼに映える稲,株元をみると小さなウキクサ。典型的な水田の光景ではないでしょうか。そのウキクサを集めて乾燥したものが漢薬「浮萍」です。

 ウキクサは水面に浮遊する一年草で,葉と茎が融合した葉状体と根からなります。葉状体の上面は緑色ですが裏面が赤紫色のため,紫背浮萍などと呼ばれることもあります。『和漢薬の良否鑑別法及調製方』の浮萍の項には,「生の葉はなるだけ大きくて、その裏面紫色を呈するものがよろしい。」とあり,ウキクサが良品であったことがうかがえます。種小名の「polyrhiza」は多数の根という意味で,ウキクサが多くの根を懸垂させている特徴をうまく捉えています。ウキクサは水質浄化能があるため観賞用の水槽で栽培されることが多く,また一面に繁茂する性質を生かして水田雑草の防止作用が期待されています。

 浮萍は『神農本草経』の中品に「水萍」という名で収載され,以後,浮萍,浮萍草,紫背浮萍,紫浮萍などと様々な名称で用いられてきました。現在では浮萍といえばウキクサの全草を指しますが,同じウキクサ科のコウキクサLemna minor L.が利用されたり,また朝鮮半島ではデンジソウ科のデンジソウMarsilea quadrifolia L.の全草(苹:ヘイ)やサンショウモ科のサンショウモSalvinia natans (L.) All.が,中国南部ではサトイモ科のボタンウキクサPistia stratiotes L.の葉(大薸:ダイヒョウ)が浮萍として用いられることもあるようです。デンジソウは四つ葉のクローバーに似た水田に多いシダ植物ですが,環境の変化や農薬などにより激減し,環境省のカテゴリでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に分類され,また,多くの県で絶滅あるいは絶滅危惧Ⅰ類に指定されています。一方,ボタンウキクサは爆発的に発生して水路を埋めつくし,環境に悪影響を与えるということで,現在では特定外来生物に指定されて栽培や販売が禁止されています。増えて困るほどのものなら,薬用資源として再評価し利用することはできないものかとつい思ってしまいます。以上,水上に浮く草として浮萍には多くの異物同名品がありますが,現在の『中華人民共和国薬典』ではウキクサのみが規定されています。

 浮萍の薬効については「発汗の功は麻黄に勝り,利水の力は通草より捷い」とされ,発汗・利水に優れた薬物とされます。麻黄と同様の薬能がありますが,麻黄は温性の解表薬であり,一方,浮萍は寒性で風熱を解することにより発汗を促します。浮萍黄芩湯や浮萍丸などに配剤され,水腫,リウマチなどに用いられるほか,煎液を民間薬として強壮剤や利尿剤に用いたり,すりつぶしたものを毒蛇の咬傷や皮膚病に用いたりするそうです。

 浮萍には酢酸カリウム及び塩化カリウムが多量に含まれており,また,鉄分の多い生息地に産するものは亜酸化鉄を含みます。それ以外の化合物としては,ルテオリンやアピゲニンをアグリコンとするフラボノイド配糖体の報告があり,ルテオリン8−C−グルコシドの含量は,多いもので約1%にも上るそうです。麻黄にはエフェドリンなどのアルカロイドやタンニンの他に,ヘルバセチンをアグリコンとするフラボノイド配糖体を含むことが知られています。構造の類似したフラボノイド配糖体と発汗作用に何か関係があるのでしょうか。

 「萍」の字の中の,「平」は浮き草が水に浮かんでいる様を表現し,これに艸部と水部が合わさり全体としてウキクサを意味します。萍の字を含む単語としては萍浮(放浪,不安定の意)や萍跡(居所が一定しないの意)等があり,根が地に届かないため漂泊するウキクサの特徴が反映されています。また,不安定な稼業の例えにも良く用いられます。中川乙由は「浮草や今朝はあちらの岸に咲く」とウキクサの移り動く様を心移りに重ね合わせ,浮気心を詠っています。放浪,浮気などというどこか軽い印象があるウキクサですが,一方で麻黄や通草にも勝る鋭い薬効を秘めている。何事も様々な角度から捉えたほうがよさそうです。

 

(神農子 記)