ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【シオン(紫苑)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【シオン(紫苑)】  平成24年8月15日号より

基源:キク科(Compositae)のシオン Aster tataricus L.f. の根および根茎

 夏から秋にかけて,庭先などでシオンの花が見られるようになります.高さは1〜2メートル,枝分かれした茎の先に,散房状に薄紫色〜ピンク色のたくさんの頭花をつけます.キクの仲間は数多くの園芸品種が作出されていますが,シオンは野生のままの色合いを残しています.「野菊」と総称されるキクの一種ですが,シオンは他に比べて草丈が高いこと,花や葉が大型であることなどから比較的簡単に識別できます.『枕草子』や『源氏物語』にも登場することから,先人は千年以上も昔からこの植物に親しみを感じていたことがうかがえます.

 シオンの根および根茎を乾燥したものを「紫苑」と称し,鎮咳,去痰,利尿薬として使用します.現在,日本での栽培は花の鑑賞目的に限られ,生薬は輸入品でまかなわれています.「紫苑」の正品の原植物はシオンAster tataricus とされますが,別に,「山紫苑」と称されるキク科オタカラコウLigularia fischerii を始めとするLigularia属植物に由来するものもあります.それぞれ「軟紫苑」,「硬紫苑」と称される場合もあり,この2つの種類は古くから存在していたようです.

 紫苑の薬用としての利用は古く,『神農本草経』の中品に収載されています.名称について『本草綱目』には「その根が紫色で柔宛だから名付けたのだ」とあります.原植物について『名医別録』には「紫苑は漢中(陝西省南鄭県),房陵(湖北省房県)の山谷および真定(河北省正定県),邯鄲(河北省邯鄲県)に生じる」とあり,『神農本草経集注』には「近道處々にある.地に布いて生え,花は紫色で本に白毛がある.根は甚だ柔らかで細い.白苑と名付ける白いものもあるが,それは用いない」とあります.この紫色と白色のものとの対応関係は不明ですが,『図経本草』には成州紫苑,泗州紫苑,解州紫苑の3種類の図の記載があります.図中の花や葉の特徴と現在の流通生薬を対応させると成州紫苑と泗州紫苑はAster 属植物,解州紫苑は Ligularia 属植物と類推できます.すなわち,紫苑の原植物に関する複数の基源は宋代から存在していたようです.

 しかし時を経て,明代の『本草綱目』では紫苑の図が「解州紫苑」ただひとつになります.Ligularia 属植物に近い方の図が残ったのです.現在の紫苑の正品は日本でも中国でもシオンの根および根茎となっていますが,原植物はめまぐるしく変遷してきたようです.

 3種類の図を掲示した『図経本草』の植物に関する記載には,「三月の内に布いて苗が生え,その葉は二枚,四枚,と相連り,五月,六月の内に黄,白,紫の花を開き,黒い子を結ぶ」とあります.Aster 属,Ligularia 属植物はともに夏から秋にかけて開花し,その種子は冠毛をもつそう果ですから,いずれもこの記載とは食い違いがあります.『本草綱目』に受け継がれた「解州紫苑」の図について,牧野富太郎博士は『國譯本草綱目』の注で「我邦ノ学者従来之ヲ菊科ノしをんニ充テ来リ居レドモ穏当デハナイ 紫苑ハ何カ脣形科ニ属スル品デ其葉ハ対生デ花ハ脣形デアルヤウダガ私ニハ見当ガ附カヌ,多分ソレハ我邦ニハ無イ或ル一種ノ草デアラウト思フ」と述べ,紫苑の基源にシオンを充てることに疑問を呈しています.解州紫苑の図はたしかにAster 属,Ligularia 属植物のいずれの特徴でもない対生する葉,そして種子の表現もシソ科に近いかもしれません.

 薬効について『本草綱目』の中では,陳自明を引用して「今は一般に車前,旋復の根を赤土で染めて作る偽物が多いが,紫苑は肺病の要薬であって−」と記載しています.紫苑の古来の正品は不明で,Aster 属植物と Ligularia 属植物に由来する生薬が同じ薬効で用いられたのか否かも,現時点では不明です.植物のシオンは他に間違えるものが少ない植物ですが,生薬のシオンは意外に混乱していたようです.

 

(神農子 記)