ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【蛇床子(ジャショウシ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【蛇床子(ジャショウシ)】  平成28年1月10日号より

基源:セリ科(Umbelliferae)のオカゼリ Cnidium monnieri (L.) Cusson の果実

 蛇床子は淫羊霍や冬虫夏草などと同じ助陽薬に分類される薬物ですが,燥湿殺虫作用もあり,古来湿性の掻痒にも応用され,蛇床子湯(蛇床子,当帰,威霊仙,苦参)は皮膚のかゆみ,ただれ,たむしなどに用いられてきました.原植物については李時珍が「蛇,虺が好んでその下にいて,その子を食う.故に名付く」といい,またその形状について「凡そ,花,実の蛇床に似たものは,当帰,芎窮,水芹,藁本,胡蘿蔔」などであると述べています.また,蘇頌が「四,五月に花が開き,白色で傘状をしている」といっていることからも古くからセリ科植物の果実が用いられてきたことがうかがえます.一般にセリ科植物は分類困難で,果実の形もよく似ており,蛇床子の原植物も混乱していたことは容易に想像されます.現在では,オカゼリ Cnidium monnieri (L.) Cusson の果実が蛇床子として使用されています.

 小野蘭山は「和名鈔ニヒルムシロト訓ズルニ因テ古ハ薬舗ニ誤リテ水草ノヒルムシロノ実ヲ蛇床子ト称シ貨レリト云フ,ヒルムシロハ救荒野譜ニ載ルトコロノ眼子菜ノ一種ナリ.其後ハ今ニ至ルマデ皆ヤブジラミノ実ヲ用ヒ来レリ,怒菴先生モコレニ左袒セラレタリ.然レドモ古渡ノ蛇床子ハ形小ニシテ毛刺ナク竪ニ細稜アリ,集解ニ説クトコロ如シ形ミリンカニ似テ微大ニシテ長ミアリ,是眞物ニシテ,ヤブジラミノ実ト形甚タ異ナリ」と言っています.

 古渡りの蛇床子であるオカゼリは中国東北部,モンゴル,シベリア,朝鮮半島に分布するセリ科の越年草で,高さ 30〜80 cm,茎は直立し,円柱形で,縦稜があり,細い軟毛が疎生しているのが特徴です.葉身は卵形で,2〜3 回羽状複葉に分裂します.果実は長さ 2 mm,直径 1 mmの小さな楕円形で,芳香があり,味は辛くしびれる感じがあります.含有成分として,ピネン,カンフェン,ボルネオールなどの精油成分の他,オストールなどのクマリン類を含有し,抗トリコモナス,抗真菌作用,性ホルモン作用などが知られています.

 江戸時代の薬舗にて蛇床子として売られていたヒルムシロ科のヒルムシロ Potamogeton distinctus は東アジアに分布する多年生水生草本で,日本ではため池,用水路,水田などに生育する植物です.水面に浮く浮葉はササの葉に似て披針形または披針状卵形,長さ 4〜13 cm です.全草を眼子菜と呼び,駆虫薬や清熱解毒薬として使用されていました.また,その後に使用されていたセリ科のヤブジラミ Torilis japonica は日本各地および東アジアからヒマラヤ,シベリア,ヨーロッパに分布する越年草で,葉は細かく,雑草として野原,堤防,道端などに普通に見られます.ヤブジラミも真の蛇床子ではなく,区別するために和蛇床子と呼ばれていました.その他にも,オカゼリと同属のハマゼリも蛇床子として用いられてきました.このように様々な植物が蛇床子として使用されてきた理由は,果実の形がよく似た植物が多いからですが,ヒルムシロに関しては果実の形よりも薬効の類似性であった可能性があります.

 現在中国の蛇床子にはオカゼリと Cnidium formosanum に由来する 2 種類があります.成分的にオストールはオカゼリにのみ,コロンビアナジンは C. formosanum にのみ含まれるため両者は含有成分によって区別することが可能です.一方,オカゼリ, C. formosanum, ヤブジラミの3 種に由来する蛇床子の抗白癬菌作用に関する研究では,オカゼリに比して他の2種の作用は弱いと報告されています.また,抗真癬菌作用についてもハマゼリでは弱い可能性が示されており,薬能的にはハマゼリをも含め,他の異物同名品はオカゼリ由来の蛇床子に劣るようです.

 

(神農子 記)