ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【生姜・乾姜(ショウキョウ・カンキョウ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【生姜・乾姜(ショウキョウ・カンキョウ)】  平成9年10月15日号より

基源:ショウガ Zingiber officinale Roscoe (Zingiberaceae) の根茎。

 いわゆるショウガは食品としてなじみが深く、またカゼをひいたときにショウガ湯を飲む民間療法などでもたいへん身近な生薬となっています。周知のようにショウガは熱帯に産する植物で、元はアーユルヴェーダ薬物であったものと考えられます。

 ショウガが中国の本草書に最初に記載されたのは『神農本草経』ですから、中国薬物としての歴史も古いと言えます。『神農本草経』には「乾姜」の名で中品に収載され、薬効は「味辛温。主に胸満 逆上気を主り、中を温め、血を止め、汗を出し、風湿痺や腸 痢疾を逐する」であり、このあとすぐ「生のものが尤も良い」と続き、乾姜は単にショウガを乾燥したものであったことが窺えます。この生(ナマ)のものが『名医別録』以降「生姜」として乾姜から独立し、同書で「生姜味辛微温。主に傷寒による頭痛、鼻塞、 逆上気などを主り、嘔吐を止める」と、乾姜とは僅かに異なる薬効が記され、以後時代が下るにつれて付記事項が増え、乾姜と生姜がかなり異なった薬物として認識されるようになりました。薬効的には、現代中医学では生姜は辛温解表薬で発汗により表邪を除く力が強く、乾姜は散寒薬で裏の寒を消す薬物とされています。

 現在わが国では一般に加工しない生のヒネショウガを「鮮姜」とし、コルク皮を去って乾燥したものを「生姜」、蒸して乾燥したものを「乾姜」としています。それに対し、現在中国では生(なま)のヒネショウガを「生姜」、そのまま(皮付きのまま)乾燥したものを「乾姜」としています。また生(なま)の生姜を乾燥したという意味でしょうか、わが国では中国の乾姜を「乾生姜」と称して、生姜として利用することもあり、日本と中国で名称と基源が混乱しています。

 乾姜の製造法について、陶弘景は「3日間水に浸して皮を去り、さらに6日間流水中に置いて皮を削り去り、日に晒して乾かしてから甕の中に置いてこれを醸す」とあります。この「醸す」がどういう状態なのかはっきりしませんが、甕にぎっしりと詰めてしばらく密封して放置したものと思われます。一方、生姜については記載がありません。生姜はやはり生(なま)すなわち新鮮品であったものと考えられます。また『図経本草』には陶弘景と同様の方法以外に、長流水にしばらく漬けた後にそのまま乾燥する方法が記され、現在の中国産乾姜がこのものに相当すると考えられます。このように乾姜には皮去り品と皮付き品が存在したようです。一方、陳藏器は同じ生姜でも「熱ならしめん時は皮を去り、冷ならしめん時は皮を留める」と皮の有無により使い分けると記しており、乾姜・生姜ともに基源は一定していなかったようです。

 ちなみにアーユルヴェーダでショウガを如何に利用してきたかを調べてみますと、「スシュルタ本集」の飲食物療法の項に「辛味・熱性を有し、食欲を進め、体風素(ヴァータ)及び粘液素(カパ)の不調を除き、食物調理の際諸種の調味料として使用する」蔬菜類の一種として挙げられ、さらに、シュリンガヴェーラ(乾姜)について「辛味あれども消化後甘味を呈し、粘液素及体風素の不調を去り、強精剤となり、熱性あり、食欲を進め、精神を壮快ならしめ脂肪質を増し、消化軽易、健胃剤となる」とあり、アールドラカ(生姜)については「辛味・熱性を有し、粘液素及体風素の不調を去り、聲に善く、便秘及び疝痛を医し、食欲を進め、快感を与え、強精剤となる」とあり、よく似ていながらも両者の薬効を区別しています。中国医学において両者を使い分けたのも、やはりアーユルヴェーダの影響なのかも知れません。ただし、生姜をより良しとしたのは、中国医学の中で、その発汗作用や去風湿作用を期待した結果なのでしょうか。

 以上、中国におけるショウガの薬用利用はアーユルヴェーダの影響を強く受けていますが、外来の薬物であるがゆえに混乱が生じやすかったのかも知れません。中国では古い時代には主として乾姜が利用され、時代が下るにつれて生姜も多用されるようになったようですが、このことも本来熱帯産で遠来の生姜を長期間保存することが困難であったことに起因していたのではないかと考えられます。ショウガを生のままで保存すると容易にかびが生えてくることは家庭でもよく経験することです。ショウガの栽培化が進むまではそのまま乾燥した乾姜を利用していた、というのが真実ではなかったかと思われるのです。

 また、乾姜を製する際に加熱するのはわが国独自の手法のようで、江戸時代から湯通ししたり蒸したりされており、当時良品とされた三河乾姜は中が飴のように赤色であったことが『古方薬品考』に記載されています。また同書には「乾き難い時には甕器の中に入れて加熱する」ことが記され、加熱はすなわち乾燥を容易にするためであったことが窺え、蒸す方法は現在に引き継がれています。現在わが国では生姜(乾生姜)・乾姜ともに大半を輸入品に頼っていますが、そのうち乾姜については、昨今は海外でわが国の手法で調製させたものを輸入しています。

 生姜と乾姜、両者の加工調製法や薬効の相違に関しては今少し検討する余地があるようにも思われます。

(神農子 記)