ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【サンズコン(山豆根)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【サンズコン(山豆根)】  平成24年6月15日号より

基源:マメ科(Leguminosae)の Sophora tonkinensis Gagnep. の根および根茎.

 本州(関東以西),四国,九州地方の山林にはミヤマトベラ Euchresta japonica という一風変わった形態を有する植物が生育しています.個体数がそれほど多くなく,多くの都道府県のレッドデータブックに掲載されています.ミヤマトベラの名前はトベラ科トベラ Pittosporum tobira に似ていることから付けられています.楕円形で革質,常緑の葉はトベラを連想させます.しかし実際にはミヤマトベラはマメ科植物です.高さ30から80センチ程の小低木で小葉が三枚,6〜7月に花を咲かせます.総状につく蝶形花からマメ科であることがわかります.一風変わった形態というのはその莢果で,1種子のみを有した楕円形をしており,マメ科植物で思い浮かべる種子数個を莢に納めたものと異なっています.江戸時代,小野蘭山は「山豆根」の原植物にこのミヤマトベラの根を充てました.

 山豆根の記載について,『本草綱目』には「苗蔓は豆のようで葉が青く,冬を経ても凋まない」という記載があり,さらに小葉が三枚であることがはっきり示された図が載っています.小野蘭山の同定はこの記載に基づいたものと思われますが,的確なものと思います.これ以降,日本では山豆根の原植物はミヤマトベラと引き継がれてきました.山豆根の別名にはセンブリ,イシャダオシなどがあり,味が極めて苦いこと,そして優れた効果があったことが推測できます.ただ,当時の市場には複数の基源の生薬が流通していたようで,『本草綱目啓蒙』には「薬肆二貯ルトコロ古渡ノモノ良ナリ味甚苦シ新渡ノモノハ苦シテ薟酸ヲオブ偽物ナルベシ和二馬棘(コマツナギ)ノ根ヲ以テ偽ルモノアリ用ヘカラズ」との記載があります.

 ところで,中国でも山豆根の異物同名生薬が非常に数多く存在しているようです.東北,華北産のものにはツヅラフジ科コウモリカズラ Menispermum dauricum の根茎,広西壮族自治区桂林では同じくツヅラフジ科 Cyclea hypoglauca の根であり,また湖北,河南,山西をはじめ多くの地域で用いられている山豆根はマメ科の Indigofera amblyantha を始めとする同属植物の根,湖南省などではヤブコウジ科 Ardisia 属植物の根などが使用されています.このように中国で多くの基源が混在する理由には生薬名が「山豆根」という単純であることが考えられます.「山豆根」という固有名詞としてではなく,「山豆と称されている植物の根」という意味に解釈できます.野生で豆や果実が成る植物はその地域毎に「山豆」と称され,その結果,多様な「山豆根」が存在していると考えられます.ただし現在,中華人民共和国薬典(2010年版)の「山豆根」の基源にはマメ科 Sophora tonkinensis の根および根茎のただ1種類が規定されています.

 中国で現在規定されている Sophora tonkinensis は小葉11枚から39枚の小低木ですから,『本草綱目』の記載とは大きく異なっています.しかしさらに前の北宋の時代の『図経本草』では,「広南のものは小槐のようで高一尺余あり」と記載していることから,この「広南のもの」すなわち広豆根と称されてきたものが現在,中国の正式な「山豆根」となっています.小野蘭山が充てた Euchresta 属植物はミヤマトベラを含めて4種類が中国に分布していますが,中国では現在,Euchresta 属植物を薬用にしていません.Euchresta 属の中国名に「山豆根属」が採用されているのみです.

 Sophora tonkinensis は苦参の原植物クララ S. flavescens に近縁な植物で,根にアルカロイドのマトリン,オキシマトリンを含有していることもクララと類似しています.それぞれに由来する山豆根と苦参の薬味薬性も苦・寒と類似しています.山豆根は使用頻度がそれほど多くはなく,成分や薬効に関する研究例がほとんどありません.そのため苦参との相違は比較できませんが,両生薬の別生薬としての使い分けなど非常に興味があるところです.中国では Sophora tonkinensis に山豆根の原植物の座を奪われてしまったミヤマトベラ(Euchresta 属植物)ですが,却ってそのお陰で貴重な資源が守られてきたのかもしれません.

 

(神農子 記)