ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【ジョウザン(常山)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【ジョウザン(常山)】  平成25年3月10日号より

基源:ユキノシタ科(Saxifragacea)のジョウザン Dichroa febrifuga Lour. の根を乾燥したもの

 「常山」は日本では余りなじみのない生薬ですが,『神農本草経』下品収載の由緒ある薬物で,中国各地で広く利用されてきたからか,古来異物同名品の多い生薬でした.現在ではユキノシタ科の植物であるジョウザンの根が正品とされています.

 ジョウザンは日本には分布せず,熱帯から亜熱帯の山地や林床に生える落葉低木で,中国,ヒマラヤ,スマトラ島などにかけて広く分布しています.和名のジョウザンは生薬名の常山を音読みしたものです.アジサイと近縁なことからジョウザンアジサイという別名もあります.アジサイに似た花序をつけて多数の花を咲かせます.しかしジョウザンの果実は球形の液果で,熟すと青紫色になることがアジサイとの大きな違いです.

 アジサイではないのに,「ジョウザンアジサイ」としたのは,他の異物同名品と区別するためでした.質が堅くて重く鶏骨のような常山は,「鶏骨常山」とも称されていました.「臭常山」と称されるものはミカン科のコクサギ Orixa japonica の根に由来するものです.「白常山」はアカネ科 Mussaenda parvifloraなどの根で,断面が白いことが異なっています.「海州常山」はクマツヅラ科のクサギ Clrodendron trichomumの根です.同じくクマツヅラ科クサギ属の C. canescens は広西壮族自治区では「海州常山」,C. yunnanensisは雲南省では「滇常山」と称します.「土常山」はユキノシタ科のHydrangea aspera, H. strigosaなどの根で,抗マラリア薬として使用されます.『図経本草』に収載されている「土常山」は天台山(浙江省)に産するとされ,「苗,葉が極めて甘いもので,その地ではこれを用いて飲料を作る.蜜の様に甘いので,別名を蜜香草という」という記載から,アジサイ属のH. aspera であったと推定されています.また,「土常山」と称される植物は他にも存在し,アマチャH. serrata var. thunbergii やハイノキ科のタイワンサワフタギSymplocos chinensis,クマツヅラ科 Vitex negundo やニンジンボク V. negundo var. cannabifolia の根などがあります.「山常山」はメギ科のBerberis sibirica など Berberis 属植物の根です.河南,河北,山西,山東省ではヤマノイモ科ウチワドコロ Dioscorea nipponica の根を「山常山」,陝西省では「草常山」とも称するようです.このように原植物は多岐にわたり,ジョウザンを「ジョウザンアジサイ」として区別する必要があったことが分かるような気がします.

 一方,古来の正品を考えたとき,梁代の『本草経集注』に「常山は,宜都,建平産の実が細かで黄色のものを鶏骨常山と呼び,これを用いるのが最も優れている」とありますが,黄色の実というのはジョウザンアジサイに合致せず,却ってコクサギに似ています.唐代の『新修本草』に「葉はチャに似て細長く,2枚の葉が相当し,三月に青萼の白花を開き,五月実を結ぶ,実は青く円く,三子が房になる」という記載があり,これはジョウザンアジサイに合致しそうです.すなわち常山の本来の薬効である截瘧(セツギャク)すなわち抗マラリア薬としての作用が,コクサギ由来のものより優れていたことから現在のジョウザン由来のものに置き換わったと推察されます.

 常山は瘧疾(悪寒・発熱の発作を繰り返す疾患)に使用されます.また,胸中に痰飲があり胸苦しく,咯出したいが咯出できず,舌苔が膩(ジ:脂のようにねっとりした苔)などを呈するときに甘草と水煎し,蜜を加えて温服し催吐させます.近代では特に抗アメーバ赤痢や解熱作用,特に抗マラリア薬として使用されていました.活性成分としてアルカロイドのフェブリフジン,イソフェブリフジンが明らかにされ、フェブリフジンは嘔吐作用をも併せ持っています.現在,このフェブリフジンをシード化合物として抗マラリア薬の開発研究が行われています.

 最近の日本では,植物のジョウザンは園芸植物として利用されることの方が多いようです.青紫色の液果をつけるという日本のアジサイにはない特徴を有し,しかもアジサイ(Hydrangea)属植物との交配が可能であるという特徴を生かして,多様なアジサイの品種を作出することにも役立っているようです.

 

(神農子 記)